環境オプション

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ツール|オプション...]ダイアログ ボックス への移動


ツール > オプション... > 環境オプション

IDE の構成設定を指定します。

項目 説明

[エディタ ファイル]

プロジェクトの実行時、コンパイル時、ビルド時または製品の終了時に、コード エディタで変更されたファイルがすべて自動的に保存されます。

[プロジェクト デスクトップ]

プロジェクトを閉じるときや製品を終了するときに、プロジェクト デスクトップ ファイル(ファイル拡張子が .dsk のファイル)が自動保存または更新されます。

<myproject>.dsk ファイルには、下記項目の現在の設定が記録されます。

  • デスクトップ レイアウト
  • ブレークポイント
  • 監視式
  • IDE に現在開いているファイル

後でプロジェクトを開き直すと、.dsk ファイルが読み取られ、デスクトップ レイアウト、ブレークポイント、監視式がすべて復元されます。 また、プロジェクトを閉じたときに開いていたファイルが、プロジェクトで使用されるかどうかにかかわらず、すべて再び開かれます。

[自動保存の設定]セクションの[プロジェクト デスクトップ]が無効になっている場合、既存のプロジェクト デスクトップ(.dsk)ファイルは、プロジェクトを開いたときにはすべて読み取られますが、更新はされません。 その結果、.dsk ファイルがディスクから手動で削除されるまでは、同じファイル群がプロジェクトで開かれます。

[自動ドッキング]

ドッキングされていないウィンドウの場合、ウィンドウのアウトラインを別のウィンドウの上にドラッグすることでツール ウィンドウをドッキングできるようになります。 このオプションが選択されていても、Ctrl キーを押しながらウィンドウをドラッグすると、この機能は働きません。 このオプションが選択されていない場合でも、Ctrl キーを押しながら操作すると、この機能が働きます。

[実行時に最小化]

[実行|実行]を選択してアプリケーションを実行したとき、IDE が最小化されます。 アプリケーションを終了すると、IDE は元の大きさに戻ります。 デバッガを使用せずにアプリケーションを実行した場合は、アプリケーションを終了しても IDE は最小化されたままです。

[実行時にデザイナを非表示]

アプリケーションの実行中に、[オブジェクト インスペクタ]位置揃えパレットなどのデザイナ ウィンドウが表示されなくなります。 アプリケーションを終了すると、これらのウィンドウは再び表示されます。

変更されたプロジェクトを常にコンパイルする

プロジェクト グループにおいて、ビルドの開始時に現在のアクティブなプロジェクトのみコンパイルされるか、変更されたすべてのプロジェクトがコンパイルされるかを制御します。 デフォルトはオフです(ビルド時に、現在のアクティブなプロジェクトのみコンパイルされます)。

[コンパイルの進行状況を表示]

プログラムのコンパイル時に、そのコンパイル状況が表示されます。

[コマンド ラインを表示]

プロジェクトのコンパイル時に、コンパイルに使用されたコマンドが[メッセージ]ウィンドウに表示されます。 C# 環境では、プロジェクトのコンパイルに使用されたコマンドと応答ファイルの内容が表示されます。 応答ファイルには、コンパイラ オプションとコンパイルされるソース ファイルの一覧が記載されています。

バックグラウンド コンパイル

バックグラウンド コンパイルが可能になります。つまり、コンパイル スレッドの実行中も IDE で作業を続けることができます。 バックグラウンド コンパイルに使用されるコンパイル スレッドの相対的な優先度を、以下の中から指定することもできます。

  • [低]: IDE の反応は良くなりますが、バックグラウンド コンパイルに時間がかかるようになります。
  • [中]: どのスレッドにも同じ優先度が与えられます。 これがデフォルトで、推奨される優先度です。
  • [高]: IDE の反応は悪くなりますが、バックグラウンド コンパイルが早く終わるようになります。

出力の詳細度

ビルド出力の詳細度を指定します。 [出力なし]、[最小出力]、[通常出力]、[詳細出力]、[診断出力]のいずれかを選択できます。 ビルド出力は[メッセージ]ウィンドウの[出力]タブに書き込まれます。

[共有リポジトリ]

共有リポジトリが検索されるパスを指定します。 参照([...])ボタンをクリックすると、ディレクトリを探すことができます。

[デフォルト プロジェクト]

デフォルト プロジェクト ファイルが検索されるパスを指定します。 参照([...])ボタンをクリックすると、ディレクトリを探すことができます。

[子ページ]