明示的なアクセス限定

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

C++ の名前空間:インデックス への移動

名前空間の各メンバを明示的に限定することができます。そのためには、名前空間識別子にスコープ解決演算子 :: を付け、その後にメンバ名を続けて指定します。たとえば、名前空間 ALPHA の特定のメンバにアクセスするには、次のように指定します。

      ALPHA::LD;  // Access a variable
      ALPHA::f;   // Access a function

明示的なアクセス限定は、あいまいさを解決するためにいつでも使用できます。スコープ解決演算子 :: を使用すれば、サブシステムでどの名前空間を使用しているかに関係なく(無名の名前空間の場合を除く)、任意の名前空間(ローカル スコープで既に使われている名前空間を含む)やグローバル名前空間の中の識別子にアクセスできます。つまり、アプリケーション内のどの識別子も、十分な限定を付けてアクセスすることができます。

新しい型キャスト

このセクションでは、型キャストを行う別の方法について説明します。ここで示す方法は、C 言語のこれまでのキャスト式(現在も使用可能)を補強するものです。

キャスト内で型を定義することはできません。

関連項目