文字列の操作

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

RTL の使用:インデックス への移動


Object Pascal の場合、RTL には、文字列型に固有である、特定の文字列処理ルーチンが多数あります。文字列(AnsiString および UnicodeString)、ワイド文字列(WideString)および NULL 終端文字列(PChars)に対するルーチンがあります。NULL 終端文字列を処理するルーチンでは終端の NULL 文字を使用して文字列の長さを決定します。リストには ShortString 型に対するルーチンのカテゴリがありません。ただし、一部の内蔵コンパイラ ルーチンでは ShortString 型を処理します。たとえば、LowHigh 標準関数があります。文字列の各種型に関する詳細について、「Object Pascal 言語ガイド:インデックス」を参照してください。

C++ の場合、RTL には、文字列型に固有である、特定の文字列処理ルーチンが多数あります。文字列(AnsiStrings)および NULL 終端文字列(char *)に対するルーチンがあります。NULL 終端文字列を処理するルーチンでは終端の NULL 文字を使用して文字列の長さを決定します。

関連トピック

次のトピックでは、RTL にある多くの文字列処理ルーチンについて概要を説明します。

関連項目