履歴マネージャ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod 入門 への移動


メイン ウィンドウの[履歴]タブをクリック

履歴マネージャでは、IDE で管理されたファイルのバージョン(次の対象を含む)を表示し比較できます。

  • IDE に保存された複数のバックアップ バージョン
  • ユーザーがローカルに保存した変更
  • アクティブ ファイルに対する変更(バッファにあり、未保存)

ユーザーのプロジェクトや個別のファイルがバージョン管理システム(Subversion、Git、Mercurial など)の管理下に置かれている場合は、バージョン管理情報も確認できます。

履歴マネージャおよび[プロジェクト マネージャ]へのバージョン管理システムの統合

バージョン インサイト機能により、バージョン管理システムが IDE 内に統合されています。

IDE および使用しているバージョン管理システムからのバージョン管理情報は、履歴マネージャに表示されます。

  • 現在のファイルがバージョン管理下にある場合は、あらゆる種類のリビジョンが履歴マネージャで利用できます。
  • 統合されたバージョン管理システムを使用している場合、IDE で以下の機能を利用できます。
    • リポジトリにチェックインされたすべてのリビジョンが履歴マネージャで利用できます。
    • 履歴マネージャで実行できるのは、ファイルの差分をとる(比較する)ことと、ファイルの特定のバージョンに注釈を付けることです。「ファイルのバージョン間で差分をとる(比較する)」および「注釈機能を使用する」を参照してください。
    • [コミット]などの標準のソース管理操作を[プロジェクト マネージャ]で実行することができます。

履歴マネージャでは、IDE で作成されるバックアップのバージョン情報を保持し続けます。この[ファイル バックアップ制限]のオプションは、[ツール|オプション...|エディタ設定で設定することができます。

Appmethod に統合されているバージョン管理システムの詳細については、次を参照してください:

IDE の[履歴]タブ

履歴マネージャを開くには、IDE メイン ウィンドウの下端の中央にある[履歴]タブをクリックします。

[コード]、[デザイン]、[履歴]の各タブ

  • [コード]タブでは、コード エディタが開きます。
  • [デザイン]タブでは、フォーム デザイナが開きます([デザイン]タブが表示されるのは、ビジュアル コンポーネント アプリケーションの場合のみ)。
  • [履歴]タブでは、履歴マネージャ履歴ビュー)が開きます。

履歴マネージャの各タブ

履歴マネージャには、次の 3 つのタブ付きページ([内容][情報]および[差分])があります。

[内容]、[情報]、[差分]の各タブ

これらのページに表示されるのは、IDE および IDE 内で統合されているバージョン管理システムで管理されている履歴およびバージョン情報です。[履歴]ウィンドウにあるツールバーのドロップダウン リストでファイルを選択することができます。

ページ 説明

[内容]

ファイルの現在のバージョンと以前のバージョンが表示されます。[内容]ページには 2 つのペインがあります。

  • [リビジョン内容]: [内容]ページの上部には、アクティブ ファイルのリビジョンが一覧表示されます。
含まれる列:
  • [リビジョン]: アクティブ ファイルの各リビジョンのリビジョン番号
  • [ラベル]: リビジョン番号または指定ラベル
  • [日付]: リビジョンの日付
  • [作成者]: 対象リビジョンをチェックインしたユーザーの名前
  • ファイル表示: [内容]ページの下部には、アクティブ ファイルの内容が表示されます。

[情報]

アクティブ ファイルのリビジョン情報が表示されます。[情報]ページには 2 つのペインがあります。

  • [リビジョン情報]: [情報]ページの上部には、アクティブ ファイルのリビジョン情報が一覧表示されます。
含まれる列:
  • [リビジョン]: アクティブ ファイルの各リビジョンのリビジョン番号
  • [ラベル]: リビジョン番号または指定ラベル("Local file" など)
  • [日付]: リビジョンの日付
  • [作成者]: 対象リビジョンをチェックインしたユーザーの名前
  • [コメント] 対象リビジョンをコミットしたときに入力したコメント
  • 追加リビジョン情報: [情報]ページの下部には、選択したリビジョンの追加コメントを表示します。

メモ: 指定ファイルのバージョン管理ログ エントリを表示するには:

  • バージョン管理システムにチェックインされたリビジョン(HistViewCheckedOut.jpg または HistViewVersionControl.jpg)の上にカーソルを移動します。
  • [情報]タブをクリックして、リビジョン番号を選択します。

[差分]

アクティブ ファイルの選択したバージョン間の相違点が表示されます。[差分]ページには次の 3 つのペインがあります。

  • [比較元]: アクティブ ファイルのリビジョン(現在のリビジョンと日付を含む)が一覧表示されます。
  • [比較先]: アクティブ ファイルのリビジョン(現在のリビジョンおよびバッファにある保存されていない変更を含む)が一覧表示されます。
  • ファイル表示: [差分]ページの下部には、差分を実行したファイルの内容が表示されます。強調表示は、[比較元]で選択したリビジョンと[比較先]で選択したリビジョンの相違点を示します。

Minus.bmp (大きいマイナス記号)により削除されたソース行を示します。

Plus.bmp (大きいプラス記号)により追加されたソース行を示します。


[差分]タブの強調表示で使用する色は、[色]ダイアログ ボックスで設定できます。

履歴マネージャのツールバー ボタン

ボタン 説明

[リビジョン情報の更新]

[リビジョン情報の更新]

リビジョン リストを更新して、保存されていない変更内容をファイルに反映します。

[前のリビジョンに戻す]

[前のリビジョンに戻す]

選択バージョンが現在のバージョンになります。[内容]および[情報]ページで利用できます。 前のバージョンに戻すと、エディタ バッファにある未保存の変更内容はすべて削除されます。

Annotate2.png
[注釈を付ける]

アクティブ ファイルの各行に関連付けられた、最新リビジョン番号を含むマージン列を追加します。ファイルのバージョン間の差分を実行するときに特に便利です(履歴マネージャ[差分]タブをクリック)。

ExternalDiffViewer.bmp

[差分ビューアで表示]

現在のファイルを差分ビューア(デフォルトの差分ビューアまたは独自にインストールしたビューアで[差分ビューア]ツールを使用して設定したもの)に読み込みます。

差分ビューアのリストから選択するには、下矢印をクリックします。 差分ビューアを選択すると、選択されたビューアにより、表示している現在のバージョンと直前のバージョンの相違点が表示されます。「外部差分ビューアを使用する」を参照。

[スクロールの同期]


[スクロールの同期]

[内容]ページと[差分]ページおよびコード エディタの間でスクロールを同期させます。カーソルが置かれているテキスト行と、もう一方のビューの最も類似するテキスト行の位置を合わせます。そのようなテキストが見つからない場合は、行番号を合わせます。

[次の相違に移動]

[次の相違に移動]

異なっているソース コードの次のブロックを[差分]ページに表示します。

[前の相違に移動]

[前の相違に移動]

異なっているソース コードの前のブロックを[差分]ページに表示します。

[テキストの移動先にジャンプ]

[テキストの移動先にジャンプ]

ビューを切り替える際に、同じ行をソース ビューアに表示します。

ファイル ドロップダウン リスト

ファイル ドロップダウン リスト

関連ファイル(.dfm や .res ファイルなど)のリストを表示します。

履歴マネージャで使用されるリビジョン アイコン

アイコン 説明

最新

保存されている最新のファイル バージョン。

バックアップ

ローカル バックアップ ファイル バージョン。

バッファ

バッファ内にあり、未保存の変更を含むファイル バージョン。

バージョン管理

バージョン管理リポジトリに格納されているファイル バージョン。

チェック アウト

バージョン管理リポジトリからチェックアウトしたファイル バージョン(Subversion のみ)。

移動元

コード行が強調表示された行から移動されたことを示します。

移動先

コード行が強調表示された行に移動されたことを示します。

コンテキスト メニュー コマンド

項目 説明

[更新]

履歴マネージャの表示を更新します。

[元に戻す]

履歴マネージャでの直前の変更を元に戻します。

[コピー]

選択されたテキストをコピーします。

[すべて選択]

履歴マネージャのすべての内容を選択します。

[次の相違]

現在の場所からフォーカスが移動して、次の差分が履歴マネージャに表示されます。[差分]ページでのみ有効です。

[前の相違]

現在の場所からフォーカスが移動して、直前の差分が履歴マネージャに表示されます。 [差分]ページでのみ有効です。

[移動先]

ビューを切り替える際に、同じ行をソース ビューアに表示します。

次の変更および前の変更の検索

履歴マネージャでファイルの複数バージョンの相違を調べるときに、コンテキスト メニュー コマンドや同じ機能のショートカット キーで、次の差分や前の差分にすばやく移動できます。キーボード ショートカットを次に示します。

  • Ctrl+Shift+F7 - 直前の相違に移動します。
  • Ctrl+Shift+F8 - 直後の相違に移動します。
  • F5 - 履歴ビューの表示を更新します。

各種キー入力は、キーボード マッピング(デフォルト、IDE クラシック、BRIEF、Epsilon)と同じです。

Visual Studio および Visual Basic のキーボード マッピングには、次の変更および前の変更に移動するキー入力はありません。==トピック==

関連項目