ライブ テンプレートを使用する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

操作手順:コード エディタでコードを編集する への移動


ライブ テンプレートとは、コード エディタからアクセスできる再利用可能なコード文です。編集中のコードに定義済みのひとまとまりのコードを挿入したり、独自のコードを[テンプレート]ウィンドウに追加することができます。ライブ テンプレートは、Object Pascal と C++ の両方で利用できます。

ビデオ『Object Pascal のライブ テンプレートで素早くコーディングする』(英語版)では、ライブ テンプレートの基本的な使い方を示しています。

既存のライブ テンプレートをコードに挿入する

  1. コード エディタ [表示|テンプレート]を選択します。
  2. [テンプレート]ウィンドウで、使用している言語(Object Pascal または C++)の名前の前にあるプラス(+)記号をクリックしてツリーを展開します。
  3. コード中のテンプレートを追加したい場所にカーソルを移動します。
  4. [テンプレート]ウィンドウで、使用するテンプレートをダブルクリックするか、テンプレートを選択して[コード テンプレートをコード エディタに挿入]ボタンをクリックします。コード エディタ内のカーソル位置に、ライブ テンプレートが挿入されます。
    たとえば、次に示すのは、ジャンプ ポイントの 3 つの属性を定義した point テンプレートです。
    PointTemplateLive.png
    この point テンプレート自体に 3 つのジャンプ ポイントがあります(nametexthint の各属性)。最初のジャンプ ポイント(name 属性)がアクティブになっていて、作成するジャンプ ポイントの名前をここに入力することができます。その後、残りの 2 つのフィールドに値を入力します(text および hint)。
  5. テンプレートを挿入した後で、おそらく、自分のコードに固有のデータや変数やメソッドなどの情報を入力する必要があります。この後で説明するように、テンプレートの中にはコード補完機能を使用できるものもあります。
ヒント: 素早くコード テンプレートを選択したい場合には、テンプレートを挿入したい場所にカーソルを置いて Ctrl+J を押すと、カーソル位置の後ろにテンプレートのポップアップ ウィンドウが表示されます。

Tab キーを使用してライブ テンプレートを素早く挿入する

  1. コード エディタの新しい行で、ライブ テンプレートの名前を入力します。たとえば、Object Pascal テンプレート forbfor ループを挿入するためのもの)を挿入するとします。
    forb
  2. Tab キーを押します。カーソル位置にライブ テンプレートが挿入されます。
    たとえば、forb テンプレートが挿入されると次のようになります。
    ForbTemplate.jpg
  3. アクティブなフィールドまたはジャンプ ポイント(この例では I)に、使用する値を入力します。
  4. Tab キーを押して次のフィールドまたはジャンプ ポイント(この例では 0)に進みます。
  5. 同様にして、テンプレートのフィールドやジャンプ ポイントに実際の値を入力していきます。
  6. begin の下の行にカーソルを移動し、for ループで実行したいコードを入力します。

ヒント: Shift+Tab を使用すると、すべてのジャンプ ポイント(既に値を入力したものも含む)の間を順に移動することができ、ジャンプ ポイント以外にフォーカスが移動することがありません。最後のジャンプ ポイント(この例では List.Count)にカーソルがあるときに Tab キーを押すと、ジャンプ ポイント以外にフォーカスが移動します。

テンプレートでコード補完を使用する

テンプレートの具体的なジャンプ ポイントにスクリプト要素を含めることで、コード補完を有効にすることができます。スクリプトを使用すると、その他にも DeclareVariable や InvokeClassCompletion といった便利な関数呼び出しを有効にすることができます。

  1. コード エディタにテンプレートを挿入します。
  2. テンプレート内のジャンプ ポイントにカーソルを移動します。
  3. Ctrl+Space を押してコード補完ウィンドウを表示します。

マウスを使ってテキストをテンプレートで囲む

  1. テンプレートで囲みたいコードをコード エディタで選択します。
  2. マウスの右ボタンをクリックし、[囲む]コマンドを選択します。[囲む]コマンドで使用可能なテンプレートの選択肢が表示されます。
  3. リストからテンプレートを選択します。

[テンプレート]ウィンドウを使ってテキストをテンプレートで囲む

  1. コード エディタ [表示|テンプレート]を選択します。
  2. [テンプレート]ウィンドウで、使用している言語(Object Pascal または C++)の名前の前にあるプラス記号をクリックしてツリーを展開します。
  3. [テンプレート]ウィンドウで、使用したいテンプレートを選択します。
  4. テンプレートで囲みたいコードをコード エディタで選択します。
  5. [テンプレート]ウィンドウで[コード テンプレートをコード エディタに挿入]ボタンをクリックします。

関連項目