ライブラリまたは共有オブジェクト向けのコンパイラ指令(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動


種類

パラメータ

構文

$LIBPREFIX '文字列'
$LIBSUFFIX '文字列'
$LIBVERSION '文字列'

デフォルト

$LIBPREFIX 'lib' または $SOPREFIX 'bpl'
$LIBSUFFIX ' '
$LIBVERSION ' '

スコープ

グローバル




説明

$LIBPREFIX、$LIBSUFFIX、$LIBVERSION の各指令を使用すると、中間シンボル ファイル(.dcp または .bpi)が "装飾されていない" 状態のまま、一意な名前のイメージを作成できます。

つまり、これらの指令により、

  • <基本名>.dcp(または dpk の 'requires' 句では単に <基本名>)しか指定する必要がありません。
  • すべてのソース参照を更新しなくても、出力ファイル バージョンを変更できます。

IDE では、[プロジェクト|オプション...|説明ページで、これらの指令を設定できます。


$LIBPREFIX は、出力ファイル名のデフォルトのプレフィックスである 'lib' または 'bpl' をオーバーライドするためのものです。 たとえば、設計時パッケージには次のような指定もできるでしょう。

{$LIBPREFIX 'dcl'}

あるいは、次の指令を使用すれば、プレフィックスを完全に削除することができます。

{$LIBPREFIX ''}


$LIBSUFFIX の場合は、出力ファイル名の $LIBVERSION 文字列(存在する場合)と拡張子の前に指定のサフィックスが付け加えられます。 たとえば、

{$LIBSUFFIX '-mytools'}

を something.dpr で使用した場合、次が生成されます:

something-mytools.dll


$LIBVERSION の場合は、出力ファイル名のファイル拡張子の直前に指定のバージョン データが付け加えられ、さらに、指定の文字列の前にピリオドの区切り記号が付け加えられます。 たとえば、

{$LIBVERSION '2.1.3'}

を something.dpr で使用した場合、次が生成されます:

libsomething.2.1.3.dll

関連項目