マルチデバイス アプリケーションの開発

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーション:インデックス への移動

Win32 プラットフォーム上で Appmethod を使用して、他のプラットフォームで動作するマルチデバイス アプリケーションを開発することができます。

サポートされるプラットフォーム

Appmethod では、以下のプラットフォーム向けのマルチデバイス アプリケーション開発をサポートしています。

  • 32 ビット Windows
  • 64 ビット Windows
  • Mac OS X
  • 32 ビット iOS デバイス
  • 64 ビット iOS デバイス
  • [iOS シミュレータ]
  • Android

Object Pascal でのみ、iOS シミュレータをサポートしています。その他のプラットフォームはすべて、Object Pascal と Appmethod C++ の両方でサポートされています。

サポートされているフレームワークとライブラリ

Appmethod では、2 つの主要ライブラリと、いくつかのプラットフォームをサポートしています。 Appmethod のライブラリでサポートされているターゲット プラットフォームの一覧を以下の表に示します。

  • FMX は FireMonkey (FMX.Forms など)です。
  • RTL(ランタイム ライブラリ)には、簡易/ユーティリティ関数および型が含まれており(System.SysUtilsSystem.IOUtils、その他の中にあります)、FMXをサポートしています。

Appmethod のさまざまなライブラリによるプラットフォーム サポートの状況を以下の表にまとめます。

   ライブラリ\プラットフォーム         Win32              Win64(Object Pascal と C++)              Mac OS X         iOS(シミュレータとデバイス)         Android    

FMX 

RTL

VCL

×

×

×

メモ: この表では、プラットフォームごとの上位レベルのライブラリ サポートを表わしています。
特定のプラットフォームについては、RTL によるサポートに一部例外があります。

作成できるマルチデバイス アプリケーションの種類

  • iOS シミュレータと同様に、iOS デバイスおよび Android デバイス上で動作するモバイル アプリケーション
  • FireMonkey(Mac OS X、Win64 -- ネイティブ Win32 もサポートされています)
  • コンソール アプリケーション
  • 64 ビット Windows アプリケーションはクロスプラットフォームと見なされます(Appmethod IDE が 32 ビット Windows アプリケーションであるため)

マルチデバイス アプリケーションの開発

マルチデバイス アプリケーションの基本的な開発サイクルは以下のとおりです。

  1. 開発用システムと Appmethod を、ターゲット プラットフォームをサポートするように構成します。
  2. IDE で以下の手順に従って、マルチデバイス プロジェクトを作成し構成します。
    1. 使用するターゲット プラットフォームを追加します
    2. ターゲット プラットフォームをアクティブにします。
    3. ターゲット プラットフォームを構成します。
      メモ: 接続プロファイルを使用する場合は、[接続プロファイル マネージャ]ページで接続をテストできます。
  3. 通常どおりにコンパイルとビルドを行います。
  4. 統合マルチデバイス デバッガを使ってデバッグします。
    マルチデバイス アプリケーションを実行するには、IDE でアプリケーションを配置する必要があることに留意してください。
  5. マルチデバイス アプリケーションを配置します。

マルチデバイス関連トピック

関連項目