ポインタ型のチェック(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動

種類

スイッチ

構文

{$T+} または {$T-} {$TYPEDADDRESS ON} または {$TYPEDADDRESS OFF}

デフォルト

{$T-} {$TYPEDADDRESS OFF}

スコープ

グローバル



説明

$T 指令は、@ 演算子によって生成されるポインタ値の型、および、ポインタ型の互換性を制御します。

{$T-} が指定されている場合、@ 演算子の結果は、他のすべてのポインタ型と互換性のある、型なしポインタ(Pointer)になります。{$T+} が指定され、ある変数参照に @ が適用された場合には、型ありポインタが結果として返され、それは、Pointer および、その変数の型への他のポインタとだけ互換性を持ちます。

{$T-} が指定されている場合、Pointer 以外の別のポインタ型は(同じ型へのポインタであっても)それぞれ互換性がありません。{$T+} が指定されている場合には、同じ型へのポインタであれば互換性があります。

関連項目