プリプロセッサ指令:インデックス

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

プリプロセッサ:インデックス への移動


このセクションでは、C++ のプリプロセッサ指令について説明します。

プリプロセッサ指令は通常、ソース コードの先頭に記述されますが、文法的にはプログラム内のどこにでも記述できます。 プリプロセッサはプリプロセッサ指令(制御行とも呼ばれます)を検出し、その中にあるトークンを解析します。

# が文字列リテラル、文字定数、あるいはコメントの中にある場合を除き、# で始まる行はすべてプリプロセッサ指令と見なされます。 先頭の # の前後にホワイトスペース(改行を除く)があってもかまいません。

プリプロセッサでは以下の指令をサポートしています。

トピック