パス名のマージと分割に関する警告

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

CodeGuard の警告:インデックス への移動

次の関数は,dir.h で定義されている定数を使用して,バッファにコピーしたり,バッファからコピーする最大バイト数を決定します。

fnmerge

警告オプションが有効な場合は,fnmerge の呼び出し前に,MAXPATH の長さがあるかどうか出力バッファが検証されます。

警告オプションが無効な場合は,fnmerge の呼び出し後に,ヌルで終わる文字列の長さに対して出力バッファのサイズが検証されます。

fnsplit

警告オプションが有効な場合は,fnsplit の呼び出し前に,MAXDRIVEMAXDIRMAXFILE,および MAXEXT に対して入力バッファが検証されます。

警告オプションが無効な場合は,fnsplit の呼び出し後に,ヌルで終わる文字列に対して入力バッファが検証されます。

getcurdir

警告オプションが有効な場合は,getcurdir の呼び出し前に,MAXDIR の長さがあるかどうか出力バッファが検証されます。

警告オプションが無効な場合は,getcurdir の呼び出し後に,ヌルで終わる文字列に対して出力バッファが検証されます。