バインディング図を画像として保存する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[LiveBinding デザイナ] への移動


[LiveBinding デザイナ]では、バインディング図をハードディスク上の画像に保存することができます。

バインディング図を画像として保存するには:

  1. [LiveBinding デザイナ]がまだ開かれていなければ、[表示|LiveBinding デザイナ]を使って開きます。

    LBSavingProcedure1.png

  2. 必要な LiveBinding をすべて作成し、要素とリンクを必要に応じて適切に配置します。詳細については、「LiveBinding の作成」を参照してください。
  3. [LiveBinding デザイナ]でダイアグラムの背景を右クリックし、コンテキスト メニューの[画像に保存]を選択します。

    LBSavingProcedure2.png

  4. [ダイアグラムを画像にエクスポート]ダイアログ ボックスで、バインディング図を保存する画像の以下のパラメータを調整します。

    LBSavingProcedure3.png

    • [Z]フィールドでは、ダイアグラムのズーム レベル(倍率)を指定します。値を 0 にすることはできません。
    • [W]フィールドでは画像の幅を指定します。値を 0 にすることはできません。
    • [H]フィールドでは画像の高さを指定します。値を 0 にすることはできません。
    • [プレビュー]ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスが拡張されてプレビュー領域が表示されるので、ハードディスクに保存される画像をそこで確認できます。
    • [ズーム調整]スライダを使用すると、プレビュー表示領域でのプレビュー画像のサイズを調整できます。
    • [自動調整]チェック ボックスをオンにすると、プレビュー領域にちょうど合う画像サイズが自動的に選択されます。
  5. 画像のパラメータを設定した後、[保存]ボタンをクリックし、Windows の標準の[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスを使ってファイルの名前と場所を指定します。

関連項目