テンプレート ライブラリの概要

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod 入門 への移動


Appmethod では、複数のカスタム テンプレート ライブラリを作成し、今後作成するプロジェクトのベースとして使用できます。テンプレート ライブラリを使うと、プロジェクトの外見を宣言したり、[新規作成]ダイアログ ボックスに新しいプロジェクトの種類を追加することができます。

テンプレート ライブラリの作成は 2 段階で行います。

  1. まず、テンプレートのベースとする Appmethod プロジェクトと、プロジェクトについて記述した .bdstemplatelib という拡張子の XML ファイルを作成します。このプロジェクトは、Appmethod がサポートしているものであればどの種類のプロジェクトでもかまいません。
  2. 次に、[テンプレート ライブラリ]ダイアログ ボックスで .bdstemplatelib テンプレート ライブラリ ファイルを選択し、IDE のテンプレート ライブラリのリストにプロジェクトを追加します。このダイアログ ボックスは、[ツール|テンプレート ライブラリ...]から開くことができます。

テンプレート ライブラリを追加しても、プロジェクトは作成されません。この種類のプロジェクトをどのように作成するかを IDE に知らせるメタデータ情報が開発環境に追加され、指定した[新規作成]ダイアログ ボックス ページにアイコンが追加されるだけです。[新規作成]ダイアログ ボックスにカスタム テンプレート ライブラリが追加されたら、アイコンを選択して新しいプロジェクトを作成することができます。

開発者は、独自のテンプレート ライブラリを作成したり、他の開発者が作成したものを利用することができます。Appmethod が提供しているデフォルトのテンプレート ライブラリを削除することはできませんが、カスタム テンプレート ライブラリは追加や削除が可能です。

メモ: テンプレート ライブラリで使用するプロジェクトを作成する場合、プロジェクトは他のプロジェクトを含んでいないサブディレクトリに配置してください。また、プロジェクトに含まれるすべてのファイルは、そのサブディレクトリか、その配下のサブディレクトリに配置してください。

.bdstemplatelib テンプレート ライブラリ ファイルは、テンプレート ライブラリ プロジェクトごとに 1 つ作成することもできますし、同じ .bdstemplatelib テンプレート ライブラリ ファイルの中に、関連する複数のテンプレート プロジェクトを含めることもできます(その場合は各プロジェクトに一意の項目番号を割り当ててください)。

関連項目