スタック フレーム(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動

種類

スイッチ

構文

{$W+} または {$W-} {$STACKFRAMES ON} または {$STACKFRAMES OFF}

デフォルト

{$W-} {$STACKFRAMES OFF}

スコープ

ローカル

備考

{$W} 指令では、手続きと関数のスタック フレームの生成を制御します。

  • {$W+} 状態であれば、手続きおよび関数のスタック フレームは、不要な場合も含めて常に生成されます。
  • {$W-} 状態であれば、スタック フレームは、必要な場合だけ、つまりルーチンがローカル変数を使用している場合に生成されます。

デバッグ ツールの中にはすべての手続きおよび関数についてスタック フレームを生成しなければならないものがありますが、それ以外に {$W+} 状態を使用する必要はないはずです。