コード エディタをカスタマイズする

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

操作手順:コード エディタでコードを編集する への移動


Appmethod では、[ツール|オプション...]の項目を設定することで、コード エディタのキーストローク マッピング、フォント、マージン幅、色、構文の強調表示、インデントのスタイルなどをカスタマイズすることができます。 また、[フォーマッタ]オプション(統合されたソース コード フォーマッタ)やスタンドアロン ソース コード フォーマッタも使用できます。

一般的なコード エディタ オプションをカスタマイズするには:

  1. [ツール|オプション...]を選択します。
  2. [エディタ設定]オプションをクリックします。
  3. カスタマイズ オプションを選択して変更します。
  4. [OK]をクリックすると、変更がコード エディタに適用されます。


コード要素の色を指定するには:

ホワイトスペース、コメント、予約語、識別子、シンボル、文字列、文字、数値など、コード エディタに表示されるさまざまな要素の色を指定することができます。

  1. [ツール|オプション|エディタ設定| を選択します。
  2. [要素]フィールドで、[コメント]など、書式を指定したい要素を選択します。
  3. [前景色]フィールドで、選択した要素を表示する色を選択します。
  4. 選択した要素の背景色を調整するには、[背景色]フィールドで背景に表示する色を選択します。
  5. [OK]をクリックすると、変更がコード エディタに適用されます。

また、[色]ページのチェック ボックスを使用して、コメント テキストの斜体、太字、下線といった書式を指定できます。

[ソース オプション][色]の他に、ツール オプション[エディタ設定]オプションには、次のようなページも表示されます:


関連項目