コードを折りたたむ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

操作手順:コード エディタでコードを編集する への移動

コードの折りたたみ(非表示)や展開(表示)により、コード内のナビゲーションやコードの判読が容易になります。Appmethod により、折りたたみ領域が含まれたコードが生成されますが、必要に応じて独自の領域を追加することもできます。コードの折りたたみ機能はデフォルトでオンになっています。

折りたたみ/展開が可能なコード ブロックは以下のとおりです。

  • 型定義
  • 関数定義
  • 名前空間(C++)およびユニット(Object Pascal)
  • プリプロセッサの領域指令(領域に関する下記情報を参照)
  • Object Pascal コードの XML ドキュメント コメント(3 重スラッシュ コメント ///)

コードの折りたたみを有効または無効にする

  • 現在およびそれ以降のセッションに対してコードの折りたたみを有効および無効にするには、 [ツール|オプション...|エディタ設定ダイアログ ボックスの[コードの折りたたみ]オプションを使用します。
  • 現在の編集セッションに対してコードの折りたたみを有効または無効にするには、Ctrl+Shift K+O を同時に押します。

コードの折りたたみ機能が無効になると、折りたたまれたコード ブロックは展開され、(コードの折りたたみが有効になるまでは)もう折りたためません。

コードを折りたたむまたは展開する

コード ブロックを折りたたむまたは展開するには、以下のいずれかの方法を用います。

  • 特定のコード ブロックの左にあるマイナス記号([-])またはプラス記号([+])をクリックします。
  • キーの組み合わせを使用します(以下を参照)。
  • コード エディタのコンテキスト メニュー[コードの折りたたみ]/[コードの展開]コマンドを使用します(以下を参照)。

コードを折りたたむ

特定のコード ブロックを折りたたむには、そのコード ブロックの左にあるマイナス記号([-])をクリックします。

最も近いコード ブロックを折りたたむには、以下のいずれかの方法を用います。

  • Ctrl+Shift K+E を同時に押します。
  • コード エディタを右クリックし、[コードを折りたたむ|最も近いコード ブロック]を選択します。

コード エディタのコンテキスト メニュー コマンド[コードの折りたたみ]を使用すると、領域、XML ドキュメント コメントなどの特定のカテゴリに属するコード ブロックを折りたたむことができます。詳細は、「コード エディタのコンテキスト メニュー」を参照してください。

コードを展開する

折りたたまれた特定のコード ブロックを展開するには、そのコード ブロックの左にあるプラス記号([+])をクリックします。

折りたたまれた最も近いコード ブロックを展開するには、以下のいずれかの方法を用います。

  • Ctrl+Shift K+U を同時に押します。
  • コード エディタを右クリックし、[コードの展開|最も近いコード ブロック]を選択します。

折りたたまれたすべてのコード ブロックを展開するには、以下のいずれかの方法を用います。

  • Ctrl+Shift K+A を同時に押します。
  • コード エディタを右クリックし、[コードの展開|すべて]を選択します。

コード折りたたみ領域を追加する

コード エディタで、以下のプリプロセッサ指令を使用してコード ブロックを囲みます。

(この領域にはマイナス記号([-])が付きます。)

Object Pascal の場合

REGION」を参照してください。

{$REGION 'コード ブロックが折りたたまれるときに表示されるオプション テキスト'}

// ...

{$ENDREGION}

C++ の場合

#pragma region と #pragma end_region」を参照してください。

#pragma region コード ブロックが折りたたまれるときに表示されるオプション テキスト

// ...

#pragma end_region

関連項目