オブジェクトファイルのリンク(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動


種類

パラメータ

構文

{$L filename} {$LINK filename}

スコープ

ローカル



説明

$L パラメータは,指定したファイルをコンパイルされるプログラムまたはユニットにリンクするようにコンパイラに指示します。$L 指令は,external 宣言された手続きと関数に,ほかの言語で記述されたコードをリンクするために使用します。認識できるオブジェクトファイルのフォーマットはターゲットプラットフォームごとに異なります。32ビットWindows または 32ビットOSX では、Intel 形式のリロケータブルオブジェクトファイル(OMF86)または、32ビットCOFF を認識できます。64ビットWindows では、64ビットCOFF を認識できます。ファイル名のデフォルトの拡張子は .OBJ です。ファイル名にディレクトリパスが指定されていない場合,現在のモジュールと同じディレクトリでファイルを検索するほかに,Object Pascal は,[プロジェクトオプション]ダイアログボックスの[ディレクトリ/条件]ページの[検索パス]ボックスに指定されているディレクトリ(またはコマンドラインの -O オプションで指定されるディレクトリ)も検索します。

スペースを含むファイル名を指定する場合は,{$L 'My file'} のようにファイル名を一重引用符で囲みます。

アセンブリ言語とのリンクの詳細は,ヘルプを参照してください。