オブジェクトと文字列リストを関連付ける

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

リスト内の文字列を操作する への移動


Strings プロパティに格納されている文字列だけでなく、文字列リストはオブジェクト群への参照を保持することができ、文字列リストはその Objects プロパティの中に格納されます。Strings と同様、Objects は 0 から始まるインデックスの配列です。Objects の使い方としては、オーナー描画コントロールの文字列とビットマップを関連付けるために使用するのが最も一般的です。

AddObject メソッドまたは InsertObject メソッドを使用すると、文字列とそれに関連するオブジェクトを一度にリストに追加できます。IndexOfObject は、指定されたオブジェクトと関連付けられている、リスト内の最初の文字列のインデックスを返します。DeleteClearMove などのメソッドは、文字列とオブジェクトの両方を操作します。たとえば、文字列を削除すると、その文字列に対応するオブジェクトがあれば、それも削除されます。

オブジェクトを既存の文字列に関連付けるには、Objects プロパティ値の同じインデックス位置に、そのオブジェクトを代入します。対応する文字列を追加しないと、オブジェクトを追加できません。

関連項目