System.Writeln

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure Writeln([var F: File]; [ P1; [ ..., PN] ]); overload;
procedure Writeln([var F: File]; [ P1; [ ..., PN] ]); overload;
procedure Writeln([var F: File]; [ P1; [ ..., PN] ]); overload;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure public System.pas System System

説明

テキスト ファイルに書き出し、行末マーカーを追加します。

WriteLn は、テキスト ファイル用に定義された Write プロシージャを拡張したものです。

ここで示す WriteLn プロシージャの構文は、WriteLn で指定できる引数の数が可変であることを示します。

Write を実行した後、WriteLn は、行末マーカー(行送りまたは復帰/改行)をファイルに書き出します。

F を省略すると、グローバル変数 Output が使用され、プロセス標準出力ファイルにアクセスします。GUI アプリケーションで Output を使用すると、特殊な問題が発生します。

関連項目

サンプル コード