System.Types

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索


テンプレート:UnitInfo

クラス

IAsyncResultメソッドが、コードの非同期例外を提供するために、戻り値型として使用するインターフェイスです。
TBitConverterバイト配列と Object Pascal ネイティブ型の間の変換を行うコンポーネントです。
TMultiWaitEventSystem.Classes ユニットで完全に実装されている抽象基底クラスです。IAsyncResult.GetAsyncWaitEvent では、このクラスを戻り値型として使用します。

ルーチン

Bounds指定された大きさの四角形の TRect を返します。
CenteredRect中央揃えの矩形を作成します。
CenterPoint四角形の中心点を返します。
EqualRect2 つの TRect 値が同じかどうかを示します。
InflateRect四角形を特定の量だけ大きくします。
IntersectRect2 つの四角形の交差部分を返します。
IntersectRectF

2 つの四角形の交差部分を返します。

IsRectEmpty指定された四角形の幅と高さが正かどうかを示します。
MinPoint最小の TPoint または TPointF を返します。
MultiplyRect四角形を特定の量だけ大きくします。
NormalizeRectTRect オブジェクトを正規化します。
NormalizeRectFTRectF オブジェクトを正規化します。
OffsetRect矩形の原点を指定された量で変更します。
Point座標のペアから、TPoint 構造体を作成します。
PointFTPointF のインスタンスを返します。
PtInCircle(非推奨)指定した円の内部に指定した点があるかどうかを示します。
PtInRect指定した四角形の内部に指定した点があるかどうかを示します。
Rect座標の集合から TRect 構造体を作成します。
RectCenter

類似した別の四角形の中心に配置された TRect インスタンスまたは TRectF インスタンスを返します。

RectF

TRectF のインスタンスを返します。

RectHeight矩形の垂直方向のサイズを返します。
RectWidth矩形の水平方向のサイズを示します。
ScalePoint

座標が拡大/縮小された TPoint インスタンスまたは TPointF インスタンスを返します。

SmallPoint1 組の座標から TSmallPoint 構造体を作成します。
SplitRect古い矩形に分割ルールを適用して作成した矩形を返します。
UnionRect2 つの四角形の和集合(2 つの四角形をちょうど包含する四角形)を返します。
UnionRectF

2 つの四角形の和集合(2 つの四角形をちょうど包含する四角形)を返します。

_di_IAsyncResult
DWORD0 から 4294967295 までの範囲の整数型です。
OleStr

WideString のエイリアスを表します。

PByteByte を指すポインタです。
PDoubleDouble を指すポインタです。
PIntegerInteger を指すポインタです。
PLongIntLongInt へのポインタです。
PPointPPointTPoint 型変数へのポインタです。
PPointF

TPointF 変数を指すポインタです。

PRectTRect 変数を指すポインタです。
PRectF

TRectF 変数を指すポインタです。

PSizetagSIZE を指すポインタです。
PSizeF

TSizeF 変数を指すポインタです。

PSmallIntSmallInt を指すポインタです。
PSmallPointTSmallPoint を指すポインタです。
SIZE幅と高さの値を保持するレコードのエイリアスを表します。
tagPOINT

TPoint のエイリアスを表します。

tagPointF

TPointF のエイリアスを表します。

tagSizetagSize は、幅と高さの値が格納されるレコードです。
TBooleanDynArrayTBooleanDynArray は Boolean 型要素の配列を定義します。
TByteDynArrayバイト要素の配列を定義します。
TCardinalDynArrayTCardinalDynArray は Cardinal 型要素の配列を定義します。
TDirection

リスト閲覧の方向を示します。

TDoubleDynArrayTDoubleDynArray は Double 型要素の配列を定義します。
TDuplicates

アプリケーションがリストに重複したエントリを追加しようとした場合の対応を表します。

TEndianエンディアンのタイプを定義します。
TInt64DynArrayTInt64DynArray は Int64 型要素の配列を定義します。
TIntegerDynArray整数要素の配列を定義します。
TLongWordDynArrayTLongWordDynArray は LongWord 型要素の配列を定義します。
TPoint画面上の位置をピクセルで定義します。
TPointF画面上の位置をピクセルで定義します。
TPointFType
TRectTRect は矩形を定義したものです。
TRectFTRectF は、浮動小数点の座標で、四角形を定義します。
TShortIntDynArrayTShortIntDynArray は ShortInt 型要素の配列を定義します。
TSingleDynArrayTSingleDynArray は Single 型要素の配列を定義します。
TSizeオブジェクトの幅と高さを示します。
TSizeFオブジェクトのwidthおよびheightを、浮動小数点で表します。
TSmallIntDynArrayTSmallIntDynArray は SmallInt 型要素の配列を定義します。
TSmallPointTSmallPoint 型は,2 つの 16 ビット座標で点を定義します。
TSplitRectTypeTSplitRectType は、矩形を分割するときに矩形のどの側を使用するかを指定します。
TStringDynArrayTStringDynArray は String 型要素の配列を定義します。
TValueRelationshipTValueRelationship は値の比較結果の候補を定義します。
TWaitResult
TWideStringDynArrayTWideStringDynArray は WideString 型要素の配列を定義します。
TWordDynArrayTWordDynArray は Word 型要素の配列を定義します。

変数

c180
c180divPI
c2PI
c360
c3PIdiv4
cInv2PI
cInv360
cOneHalf
cPI
cPIdiv180
cPIdiv2
cPIdiv4
CurveKappa
CurveKappaInv
Epsilon
Epsilon2

定数

BOM_LSB_FIRSTBOM_LSB_FIRST: Char = $FEFF;
BOM_MSB_FIRSTBOM_MSB_FIRST: Char = $FFFE;
CarriageReturnCarriageReturn: Char = $D;
EqualsValueEqualsValue: Integer = 0;
FormFeedFormFeed: Char = $C;
GreaterThanValueGreaterThanValue: Integer = 1;
GUID_NULLGUID_NULL: TGUID;
LessThanValueLessThanValue: Integer = $FFFFFFFF;
LineFeedLineFeed: Char = $A;
LineSeparatorLineSeparator: Char = $2028;
NullCharNullChar: Char = 0;
ParagraphSeparatorParagraphSeparator: Char = $2029;
PlatformEndianPlatformEndian: TEndian = Little;
RT_RCDATART_RCDATA: PWideChar = $A;
SpaceSpace: Char = $20;
TabulatorTabulator: Char = 9;
VerticalTabVerticalTab: Char = $B;