System.Tether.Manager.TTetheringProtocol のメソッド

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索


継承Protected
AfterConstructionpublic最後のコンストラクタが実行された後で応答します。
BeforeDestructionpublic最初のデストラクタが実行される前に応答します。
CheckDisposedprotected
CheckPasswordprotected 指定されたハッシュと、プロトコル アダプタに対するマネージャパスワードと指定されたシードを連結したハッシュとで一致した場合、True を返します。
CheckTokenprotected指定されたハッシュが、リモート マネージャへの直近の接続でのハッシュと指定されたシードとの連結のハッシュと一致した場合、True を返します。
ClassInfopublic

オブジェクト型の実行時型情報(RTTI)テーブルのポインタを返します。

ClassNamepublic引数で渡される変数の型ではなくオブジェクトインスタンスの型を示す文字列を返します。
ClassNameIspublicオブジェクトが指定の型かどうかを示します。
ClassParentpublic1 つ上位のクラスの型を返します。
ClassTypepublicオブジェクトのクラスへのクラス参照を返します。
CleanupInstancepublicクラス内の長い文字列とバリアントとインターフェース変数に対する終了処理を実行します。
Connectpublic指定された接続データを使用して、接続を確立します。
Createpublic TTetheringProtocol のインスタンスを作成します
CreateInstancepublic プロトコル のインスタンスを作成し、それを返します。
DefaultHandlerpublicメッセージレコードを処理するメソッドのインターフェースを提供します。
Destroypublic
Disconnectpublicプロトコルの現在の接続を終了させます。
DispatchpublicMessage パラメータの内容に基づいてオブジェクトのメッセージ処理メソッドを呼び出します。
DisposeOfpublicDisposeOf は、オブジェクトのデストラクタ コードを、強制実行します。
DoOnCommandprotected OnCommand イベントのディスパッチャ
DoReceiveDataprotectedデータを受け取ります。
DoReceiveStreamprotectedストリームを受け取ります。
DoSendDataprotectedデータを接続されたクライアントに送信します。
DoSendStreamprotected指定されたストリームをこのリモート プロトコルに送信し、成功すれば True を、失敗すれば False を返します。
Equalspublic

現在のインスタンスと Obj パラメータが等しいかどうかを調べます。

FieldAddresspublicパブリッシュオブジェクト項目のアドレスを返します。
Freepublicオブジェクトを破棄し,必要ならば関連付けられているメモリを解放します。
FreeInstancepublicNewInstance メソッドの前回の呼び出しによって割り当てられたメモリを解除します。
GenerateTokenprotected指定されたマネージャ識別子とランダム シードを基に、SHA-1 トークンを返します。
GetConnectionStringpublicローカル プロトコルへ接続するために必要な接続文字列を返します。
GetDisposedprotected
GetHashprotected指定された文字列の SHA-1 ハッシュを返します。
GetHashCodepublicハッシュ コードを表す整数を返します。
GetInterfacepublic指定したインターフェースを取り出します。
GetInterfaceEntrypublicクラス内で実現された特定のインターフェースのエントリを返します。
GetInterfaceTablepublic指定したクラスで実装されているすべてのインターフェースが入った構造体のポインタを返します。
GetIsConnectedprotectedプロトコルが接続されている場合には True、プロトコルが接続されていない場合には False を返します。
GetProtocolTypeprotectedプロトコルのタイプを返します。
GetRandomStringprotected指定された文字数(デフォルトは 10 )のランダム文字列を返します。
InheritsFrompublic2 つのオブジェクト型の関係を調べます。
InitInstancepublic新しく割り当てられたオブジェクトインスタンスをすべて 0 に初期化し,インスタンスの仮想メソッドテーブルポインタを初期化します。
InstanceSizepublicオブジェクト型の各インスタンスのサイズをバイト数で返します。
MethodAddresspublic名前を指定すると、クラス メソッドのアドレスを返します。
MethodNamepublicアドレスを指定すると、クラス メソッドの名前を返します。
NewInstancepublicオブジェクト型のインスタンスにメモリを割り当て,その新しいインスタンスを指すポインタを返します。
QualifiedClassNamepublic

クラスの修飾名を返します。

ReadData(非推奨)publicこのメソッドがリモート プロトコルから読み取った、バイト配列を返します。
ReadStream(非推奨)publicリモート プロトコルから指定された変数へストリームを読み込み、成功の場合には True を、失敗の場合には False を返します。
ReadStringData(非推奨)publicこのメソッドがリモート プロトコルから読み取った、文字列を返します。
ReceiveDatapublicリモート プロトコルからバイト配列を読み取り、それを返します。
ReceiveStreampublicリモート プロトコルからストリームを指定の変数に読み取り、成功すれば True を、失敗すれば False をそれぞれ返します。
ReceiveStringDatapublic受け取ったデータを文字列に変換し、それを返します。
SafeCallExceptionpublicsafecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。
SaveTokenFromLocalprotected指定されたリモート マネージャ識別子とハッシュを、プロトコルのアダプタに対するマネージャの既知のリモート マネージャのリストに保存します。
SaveTokenFromRemoteprotected指定されたリモート マネージャ識別子とハッシュを、プロトコルのアダプタに対するマネージャの既知のリモート マネージャのリストに保存します。
SendDatapublicリモート プロトコルへ指定されたデータを送信します。
SendStreampublic指定されたストリームをこのリモート プロトコルに送信し、成功すれば True を、失敗すれば False を返します。
StartCommunicationprotected接続を確立するためにプロトコルを準備します。
StopCommunicationprotectedプロトコルの機能を無効化して、接続を確立します
ToStringpublicクラス名を表す文字列を返します。
TransferStream(非推奨)public指定されたストリームをリモート プロトコルへ送信し、成功した場合には True を、失敗した場合には False を返します。
UnitNamepublic

クラスが定義されているユニットの名前を返します。

UnitScopepublic

クラスのユニット スコープを返します。