表示: Object Pascal C++
表示設定

System.Tether.AppProfile.TRemoteAction

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

System.Tether.AppProfile.TCustomRemoteItemSystem.TObjectTRemoteAction

Object Pascal

TRemoteAction = class(TCustomRemoteItem)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION DECLSPEC_DRTTI TRemoteAction : public TCustomRemoteItem

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.Tether.AppProfile.pas
System.Tether.AppProfile.hpp
System.Tether.AppProfile System.Tether.AppProfile


説明

リモート プロファイルにより共有されるアクションを表します。

TRemoteActionTCustomRemoteItem のサブクラスで、リモート プロファイルの TLocalAction を表します。

Execute を呼び出すと、リモート アクションが実行されます。

リモートの TLocalAction が変化すると、OnUpdate イベントが発生します。たとえば、Enabled プロパティの値が変化すると、このイベントが発生します。

リモート アクションには、そのアクションを共有するプロファイル(Profile プロパティ)内でそのアクションを一意に識別する名前(Name プロパティ)と、そのアクションを説明するヒント(Hint プロパティ)が用意されています。

リモート アクションで Broadcast を呼び出すと、そのアクションに対する変更をいつでもリモート プロファイルに通知できます。また、NotifyUpdatesTrue にして、アクションの値が変化したときの自動通知を有効にすることもできます。

IsPublic は、このリモート アクションをリモート プロファイルと共有する必要があるかどうかを示し、IsTemp は、このリモート アクションがリモート プロファイルにより何度も読み取られることを想定しているかどうかを示します。デフォルトでは、リモート アクションは公開されており(IsPublic が True)、永続的です(IsTemp が False)。アプリケーション プロファイルでは、文字列の送信ストリームの受信などのデータの一時的な交換には、保護された(IsPublic が False)一時的な(IsTemp が True)リモート アクションを使用します。

Kind は、このリモート アクションの値がそのアクションを共有しているプロファイル上で定義されている(デフォルト)か、別のリモート アクションからミラーされているかを示します。リモート アクションの値がミラーされている(Kind が TTetheringRemoteKind.Mirror)場合、その値は、リモート プロファイルにより共有されている別のリモート アクションから取得されます。リモート アクションの Kind は TTetheringRemoteKind.Shared でなければなりません。

関連項目

個人用ツール
他の言語