System.TSingleRec.Words

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property Words[Index: Cardinal]: UInt16 read GetWords write SetWords; // 0..1

C++

__property Word Words[unsigned Index] = {read=GetWords, write=SetWords};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
System.pas
System.hpp
System TSingleRec

説明

2つの System.UInt16 からなる配列の変数で、この System.TSingleRec インスタンスの内部表現を形成します。


メモ: Words データ型が、XE3 リリースで変更されました。 以前は、Words は、レコードの可変部分でした。 現在、Words は[rad_ja:プロパティ#配列プロパティ|配列プロパティ]]です。 Words のような配列プロパティの場合、システム演算子 System.HighSystem.Low は使用することができず、配列プロパティのポインタを取得することができません。 XE2 リリースでは、System.HighSystem.LowWords で使用することができ、Words 配列のポインタを取得することができました。

Words を使用すると、System.TSingleRec 変数の個々の単語にアクセスすることができます。 たとえば、次の式は、TSingleRec 型変数の 2 番目の要素を参照しています:

data.Words[1]

類似する Bytes 使用の例については、System.TSingleRec ページを参照してください。

関連項目