System.SysUtils.TSearchRec

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

  TSearchRec = record
  private
    function GetTimeStamp: TDateTime;
  public
{$IFDEF MSWINDOWS}
    Time: Integer platform deprecated;
{$ENDIF MSWINDOWS}
{$IFDEF POSIX}
    Time: time_t platform;
{$ENDIF POSIX}
    Size: Int64;
    Attr: Integer;
    Name: TFileName;
    ExcludeAttr: Integer;
{$IFDEF MSWINDOWS}
    FindHandle: THandle platform;
    FindData: TWin32FindData platform;
{$ENDIF MSWINDOWS}
{$IFDEF POSIX}
    Mode: mode_t platform;
    FindHandle: Pointer platform;
    PathOnly: string platform;
    Pattern: string platform;
{$ENDIF POSIX}
    property TimeStamp: TDateTime read GetTimeStamp;
  end;

C++

struct DECLSPEC_DRECORD TSearchRec
{
private:
    System::TDateTime __fastcall GetTimeStamp(void);
public:
    int Time _DEPRECATED_ATTRIBUTE0 ;
    __int64 Size;
    int Attr;
    TFileName Name;
    int ExcludeAttr;
    NativeUInt FindHandle;
    _WIN32_FIND_DATAW FindData;
    __property System::TDateTime TimeStamp = {read=GetTimeStamp};
};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
record
struct
public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils

説明

TSearchRec は,FindFirst または FindNext によって検索されるファイルの情報を定義します。

TSearchRec は,FindFirst 関数または FindNext 関数を使って検索されるファイル情報を定義します。ファイルが見つかると,TSearchRec 型パラメータの各フィールドに見つかったファイルの情報が格納されます。

Attr はファイル属性を表します。Attr を次の属性定数または値と比較すれば,ファイルの属性がファイルのプロパティと一致しているかどうかがわかります。

メモ:  属性定数は DOS ファイル属性と直接対応します。


定数 説明

faReadOnly

1

読み出し専用ファイル

faHidden

2

非表示ファイル

faSysFile

4

システムファイル

faVolumeID

8

ボリュームファイル

faDirectory

16

ディレクトリファイル

faArchive

32

アーカイブファイル

faSymLink

64

シンボリックリンク

faAnyFile

71

すべてのファイル


faReadOnly 定数は,TFieldAttribute 型で定義される列挙値と同じ名前です。System.SysUtils ユニットと Data.DB ユニットが両方ともソースファイルで使用される場合は,faReadOnly の使用を限定するためにユニットを特定してあいまいさを排除する必要があります。つまり,SysUtils.faReadOnly(Object Pascal)または SysUtils::faReadOnly(C++)を記述する必要があります。

ファイルがある属性を持っているかどうかを調べるには,その属性定数と Attr フィールド値を and 演算子を使って合わせます。ファイルがその属性を持つ場合,結果は 0 より大きくなります。たとえば,見つかったファイルが非表示ファイルの場合,次の式の評価は True になります。

(SearchRec.Attr and faHidden) <> 0

(SearchRec.Attr & faHidden) != 0.

Time にはファイルのタイムスタンプが格納されます。FileDateToDateTime を使用して,TDateTime 値に変換できます。

Size にはファイルサイズがバイト単位で格納されます。

Name には,基本のファイル名(拡張子を含む)が格納されます。

FindHandle は,検索の状態を追跡するために使用する内部ハンドルです。

FindData には,ファイル作成時刻,最終アクセス時刻,長いファイル名と短いファイル名などの追加情報が格納されます。

関連項目

コード サンプル