System.SysUtils.StrLFmt

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function StrLFmt(Buffer: PAnsiChar; MaxBufLen: Cardinal; Format: PAnsiChar; const Args: array of const): PAnsiChar;
function StrLFmt(Buffer: PWideChar; MaxBufLen: Cardinal; Format: PWideChar; const Args: array of const): PWideChar;
function StrLFmt(Buffer: PAnsiChar; MaxBufLen: Cardinal; Format: PAnsiChar; const Args: array of const; const AFormatSettings: TFormatSettings): PAnsiChar;
function StrLFmt(Buffer: PWideChar; MaxBufLen: Cardinal; Format: PWideChar; const Args: array of const; const AFormatSettings: TFormatSettings): PWideChar;

C++

extern DELPHI_PACKAGE char * __fastcall StrLFmt _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Moved to the AnsiStrings unit") (char * Buffer, unsigned MaxBufLen, char * Format, System::TVarRec const *Args, const int Args_High)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

警告: StrLFmt の ANSI バージョンは廃止予定です。AnsiStrings ユニットを使用してください。

指定されたオープンな配列にある一連の引数を、バッファ内に整形します。

StrLFmt は、オープンな配列にある一連の引数を整形し、その結果をバッファに書き込みます。

Buffer は、結果を受け取るバッファです。

MaxLen は、Buffer に書き込み可能な最大バイト数です。この値は、終了 null 文字を含みません。

Format は、処理を制御する書式文字列です。

Args は、Format 内の書式指定子と置き換えられる、引数の配列です。

メモ:Args_Size は、Args の最後の要素のをインデックスです(実際の引数の数より 1 少ない数)。

StrLFmt は、対象バッファへのポインタを返します。

StrLFmt の第 1 の形式は、グローバル変数に含まれているローカライズ情報を使用するため、スレッド セーフではありません。 StrLFmt の第 2 の形式は、AFormatSettings パラメータに含まれているローカライズ情報を参照し、スレッド セーフです。 StrLFmt のスレッド セーフ形式を呼び出す前に、AFormatSettings にローカライズ情報を入れる必要があります。 AFormatSettings にデフォルトのローカル値セットを入れるには、TFormatSettings.Create を呼び出します。

関連項目