System.SysUtils.StrLCopy

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function StrLCopy(Dest: PAnsiChar; const Source: PAnsiChar; MaxLen: Cardinal): PAnsiChar;
function StrLCopy(Dest: PWideChar; const Source: PWideChar; MaxLen: Cardinal): PWideChar;

C++

extern DELPHI_PACKAGE char * __fastcall StrLCopy _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Moved to the AnsiStrings unit") (char * Dest, const char * Source, unsigned MaxLen)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

警告: StrLCopy の ANSI バージョンは廃止予定です。AnsiStrings ユニットを使用してください。

文字群の指定された最大数まで、ソースから対象までコピーします。

StrLCopy は、<MaxLen> 文字群の最大数を <Source> から <Dest> にコピーし、<Dest> に null 終端子を追加して、<Dest> を返します。 null 終端子まで十分格納できるような大きさに、<Dest> を準備する必要がある点に留意してください。 たとえば、<MaxLen> を Length(<Dest>) - 1 に指定することができます。

SizeOfLength の代わりに使用してはいけません。Unicode 文字列でバッファ オーバーフローを引き起こす可能性があります。 String と、さまざまな型の String の使用時の SizeOfLength の動作に関する情報については、「文字列型(Object Pascal)」を参照してください。

関連項目

トピック

コード サンプル