System.SysUtils.FileAge

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function FileAge(const FileName: string): LongInt; overload;
function FileAge(const FileName: string; out FileDateTime: TDateTime; FollowLink: Boolean = True): Boolean;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall FileAge _DEPRECATED_ATTRIBUTE0 (const System::UnicodeString FileName)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

ファイルの OS タイムスタンプを返します。

FileAge を呼び出すと、FileName パラメータで指定されたファイルの OS タイムスタンプを取得することができます。

最初のオーバーロードは、ファイルの OS タイム スタンプを表す整数を返します。 結果は、後から FileDateToDateTime 関数を使用して、TDateTime に変換することができます。

メモ: FileAge の最初のオーバーロードは、廃止予定です。 代わりに FileAge の 2 つ目のオーバーロードを使用してください。

第2のオーバーロードはより推奨されるもので、FileDateTime 出力パラメータ内の FileName のタイム スタンプを返します。 たとえば、これが推奨される C++ 構文です:

extern DELPHI_PACKAGE bool __fastcall FileAge(const System::UnicodeString FileName, /* out */ System::TDateTime &FileDateTime, bool FollowLink = true)/* overload */;

FileName パラメータがシンボリック リンクで、FollowLink パラメータが True に設定されている場合、メソッドがターゲット ファイルに対して実行されます。 最初の条件が True だが FollowLink パラメータが False に設定されている場合、シンボリック リンク のタイムスタンプが返されます。 戻り値は、オペレーションが成功した場合には True を、そうでない場合には False を返します。

Object Pascal:

uses
  System.SysUtils;
var
  timeDate : TDateTime;
begin
  FileAge('C:\Users\User\Desktop\aFile.xml', timeDate);
  writeln(DateTimeToStr(timeDate));
end.

C++:

#include <System.SysUtils.hpp>
#include <stdio.h>
 
int main()
{
  TDateTime *timeDate = new TDateTime();
  UnicodeString aFile = "C:\\Users\\User\\Desktop\\aFile.xml";
  FileAge(aFile, *timeDate, true);
  printf("%ls", DateTimeToStr(*timeDate));
  return 0;
}

関連項目

コード サンプル