System.SysUtils.ElementToCharLen

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function ElementToCharLen(const S: AnsiString; MaxLen: Integer): Integer;
function ElementToCharLen(const S: UnicodeString; MaxLen: Integer): Integer;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall ElementToCharLen _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Moved to the AnsiStrings unit") (const System::AnsiString S, int MaxLen)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils

説明

警告: ElementToCharLen の ANSI バージョンは廃止予定です。AnsiStrings ユニットを使用してください。

文字列の最初の MaxLen 個の要素に含まれる文字数を返します。

文字列の一部を表す文字数を判別するには、ElementToCharLen を呼び出します。ElementToCharLen は、MaxLen 個の要素、またはその文字列の最後のいずれか早い方に到達するまで、文字をカウントします。

マルチバイト文字システム(MBCS)で動作している場合は、ElementToCharLen によって返される値が、MaxLen または文字列の長さより小さい可能性があります。

メモ:  ElementToCharLen は、最初の MaxLen 個の要素の最後の文字として現れた部分文字もカウントします。

関連項目