System.SysUtils.ByteToCharLen

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function ByteToCharLen(const S: UnicodeString; MaxLen: Integer): Integer;
function ByteToCharLen(const S: AnsiString; MaxLen: Integer): Integer;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall ByteToCharLen _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use ElementToCharLen.") (const System::UnicodeString S, int MaxLen)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils

説明

警告: ByteToCharLen は非推奨になっています。ElementToCharLen を使用してください。

文字列の最初の MaxLen バイトに含まれている文字数を返します。

ByteToCharLen 関数を呼び出すと,文字列の部分的な文字数がわかります。ByteToCharLen は,先に到達する MaxLen バイトまたは文字列の終わりまでの文字数をカウントします。

マルチバイト文字セット(MBCS)の場合,ByteToCharLen の戻り値が MaxLen または文字列の長さより小さくなる場合があります。

メモ:  ByteToCharLen は,最初の MaxLen バイトの最後に文字の一部がくる場合その文字を 1 文字としてカウントします。

関連項目