System.SysUtils.AnsiStrLComp

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function AnsiStrLComp(S1, S2: PAnsiChar; MaxLen: Cardinal): Integer;
function AnsiStrLComp(S1, S2: PWideChar; MaxLen: Cardinal): Integer;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall AnsiStrLComp _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Moved to the AnsiStrings unit") (char * S1, char * S2, unsigned MaxLen)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils

説明

警告: AnsiStrLComp の ANSI バージョンは廃止予定です。AnsiStrings ユニットを使用してください。

大文字と小文字を区別して,2 つのヌルで終わる文字列の最初の MaxLen バイトを比較します。

AnsiStrLComp 関数は,大文字と小文字を区別して S1 と S2 を比較します。S1 または S2 が MaxLen バイトよりも大きい場合,AnsiStrLComp は最初の MaxLen バイトだけを比較します。比較演算は,現在のロケールによって制御されます。戻り値は以下のとおりです。



ブレーク条件 戻り値

S1 > S2

> 0

S1 < S2

< 0

S1 = S2(MaxLen まで)

= 0



メモ:  この関数はマルチバイト文字セット(MBCS)をサポートします。

メモ:  AnsiStrLComp は,S1 と S2 がヌル文字まで等しく,そのヌル文字が MaxLen バイトの前にある場合,ヌルターミネータ以降も比較を継続できます。

メモ:  文字の大小関係は,ほとんどのロケールでは大文字 > 小文字です。逆に,ASCII では小文字の方が大文字よりも大きい値になります。

関連項目