System.Math.SetRoundMode

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function SetRoundMode(const RoundMode: TRoundingMode): TRoundingMode;

C++

extern DELPHI_PACKAGE TRoundingMode __fastcall SetRoundMode(const TRoundingMode RoundMode);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Math.pas
System.Math.hpp
System.Math System.Math


説明

浮動小数点演算の丸めモードを設定します。

SetRoundMode を呼び出すと、数値の丸めの問題がどう処理されるかを指定できます。 丸めモードの値によって、結果に影響を及ぼし得るある種のルールが決まります。デフォルトの丸めモード(rmNearest)では、X が 2 つの整数のちょうど中間にある場合、結果は常に偶数になります。

丸めモードの有効な値は以下のいずれかです。

意味

rmNearest

最も近い整数値に丸めます。

rmDown

切り下げます。

rmUp

切り上げます。

rmTruncate

値を切り捨てます(正の数は切り下げ、負の数は切り上げます)。

関連項目

コード例