System.JSON.TJSONObject.Parse

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function Parse(const Data: TArray<Byte>; const Pos: Integer; UseBool: Boolean = False): Integer; overload;
function Parse(const Data: TArray<Byte>; const Pos: Integer; const Count: Integer; UseBool: Boolean = False): Integer; overload;

C++

int __fastcall Parse(const System::DynamicArray<System::Byte> Data, const int Pos, bool UseBool = false)/* overload */;
int __fastcall Parse(const System::DynamicArray<System::Byte> Data, const int Pos, const int Count, bool UseBool = false)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.JSON.pas
System.JSON.hpp
System.JSON TJSONObject


説明

渡された JSON ストリームを解析し、検出された JSON ペアを、この JSON オブジェクトのペアに追加します。


ParseJSONValue は、次のパラメータを取ります:

  • <Data> は、解析するバイト配列
  • <Pos> は、<Data> の先頭からスキップするバイト数。
  • <Count> は、<Data> から読み取るバイト数。
  • <UseBool> は、ブーリアン値を表すインスタンスが TJSONBool クラスを使用するか(True)または、TJSONTrue クラスと TJSONFalse クラスを使用するか(False)を決定します。


Parse は、指定された JSON ストリームで、構文エラーが見つかった場合に、負の数値を返します。

関連項目