System.IniFiles.TMemIniFile

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.IniFiles.TCustomIniFileSystem.TObjectTMemIniFile

Object Pascal

TMemIniFile = class(TCustomIniFile)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TMemIniFile : public TCustomIniFile

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.IniFiles.pas
System.IniFiles.hpp
System.IniFiles System.IniFiles

説明

TMemIniFile は,INI ファイルにあるアプリケーション固有の情報や設定値をバッファで格納したり取り出したりできるようにします。

TMemIniFile オブジェクトを使用すると,Windows INI ファイルにあるアプリケーション固有の情報と設定値を格納したり取り出したりできます。すべての INI ファイルは情報を「セクション」という論理的なグループに分けて格納します。各セクション内では,実際のデータは指定のキーに格納されます。キーは次の形式をとります。

<keyname>=<value>

TMemIniFile オブジェクトは INI ファイルに対する変更をすべてバッファリングします。オブジェクトが最初,作成されると,TMemIniFile は INI ファイルを一度に読み込み,INI ファイルのデータを階層化した文字列リストに格納します。INI ファイルの各セクションは最上位の文字列リストでそれぞれ 1 つの要素となり,それらの要素もそれ自身文字列リストを含みます。包含される各文字列リストの各要素はセクション内の 1 つのキーに対応します。データが読み込まれた後,データに対する変更はすべてメモリに格納されます。メモリからデータを関連する INI ファイルへ書き込むために UpdateFile というメソッドが提供されています。

セクションやキー,値を読み書きまたは消去する TMemIniFile のメソッドはすべて,INI ファイルのメモリ内コピーを扱います。

関連項目