System.IOUtils.TPath.GetSharedDocumentsPath

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

class function GetSharedDocumentsPath: string; static;

C++

static System::UnicodeString __fastcall GetSharedDocumentsPath();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.IOUtils.pas
System.IOUtils.hpp
System.IOUtils TPath


説明

ユーザー間で共有されているドキュメントが格納されているディレクトリへのパスを返します。

メモ: デスクトップ アプリケーションでは、「共有」は「異なるユーザー間での共有」を意味します。モバイル アプリケーションでは、「共有」は「異なるアプリケーション間での共有」を意味します。

アプリケーションを実行しているシステムが要求されているフォルダをサポートしていない場合、または、要求されているフォルダがシステム上に存在しない場合、この関数は代わりに空の文字列を返します。

  • Windows および Android では、システム全体におよぶディレクトリを指します。
  • Mac OS X では、ユーザー固有の、アプリケーション非依存ディレクトリを指します。
  • iOS Device では、共有ドキュメント フォルダがサポートされていないため、空文字列が返されます。
  • iOS Simulator では、アプリケーション固有のディレクトリを指します。
プラットフォーム サンプル パス パス ID
Windows XP C:\Documents and Settings\All Users\Documents CSIDL_COMMON_DOCUMENTS
Windows Vista 以降 C:\Users\Public\Documents FOLDERID_PublicDocuments
Mac OS X /Users/<username>/Public NSSharedPublicDirectory
iOS デバイス
iOS シミュレータ /Users/<username>/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/<Device ID>/data/Containers/Data/Application/<application ID>/Public NSSharedPublicDirectory
Android /storage/emulated/0/Documents Context.getExternalFilesDir

関連項目