System.IInterface._AddRef

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function _AddRef: Integer; stdcall;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public System.pas System IInterface


説明

このインターフェースの参照カウントをインクリメントします。

Object Pascal コンパイラは,このインターフェースへの各参照に対して __AddRef メソッドの呼び出しを自動的に生成します。ほとんどの実装では,__AddRef メソッドはインターフェースの参照カウントをインクリメントし,新しい参照カウントを返します。呼び出し側がインターフェースの処理を終えたら,コンパイラは _Release メソッドの呼び出しを生成します。そして,_Release メソッドが参照カウントをデクリメントします。参照カウントが 0 になると,オブジェクトは自動的に解放されます。

メモ:  実装オブジェクトは __AddRef メソッドおよび _Release メソッドを実装できるので,参照カウントを実行しません。このようなオブジェクトでは,参照カウントは 0 にならず,オブジェクトは自動的には解放されません。この場合は,アプリケーションでオブジェクトを解放する必要があります。

関連項目