System.DelphiInterface

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

C++

template <class T> class RTL_DELPHIRETURN DelphiInterface

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public systobj.h System System


説明

DelphiInterface は、Object Pascal インターフェイスの C++ 実装です。

Object Pascal インターフェイスは、実装を持たない抽象プロパティ/メソッド/イベントの集合です。純粋仮想メソッドしか持たない C++ クラスと似ています。ただし、Object Pascal インターフェイス型では、組み込みの参照カウントをサポートしています。

DelphiInterface は、Object Pascal インターフェイスと互換性のある型を定義するための C++ テンプレートです。DelphiInterface では、初期化コンストラクタ、コピー コンストラクタ、代入演算子、デストラクタに参照カウントのロジックが定義されます。

メモ: 背後にあるインターフェイス ポインタにアクセスできる他の演算子では、参照カウントを処理しません。明示的に AddRef または Release を呼び出して、参照カウントを適切に保つ必要があります。

DelphiInterface は次に示すテンプレートです。

template <class T> class RTL_DELPHIRETURN DelphiInterface;

T パラメータは、背後にあるインターフェイス クラスまたは COM インターフェイスです。オブジェクト フレームワークでは、通常、結果として作成される DelphiInterface クラスに _di_IUnknown のような名前が付けられます。この IUnknown は対応するインターフェイスの名前です。これらのインターフェイスのドキュメントは、インターフェイス名(IFormDesigner など)をタイトルとして記述されています。

関連項目