System.DateUtils.DateToISO8601

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function DateToISO8601(const ADate: TDateTime; AInputIsUTC: Boolean = true): string;

C++

extern DELPHI_PACKAGE System::UnicodeString __fastcall DateToISO8601(const System::TDateTime ADate, bool AInputIsUTC = true);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.DateUtils.pas
System.DateUtils.hpp
System.DateUtils System.DateUtils


説明

TDateTime 形式で指定された日時値 <ADate> を ISO 8601 形式の日時値の文字列表現に変換します。

  • <ADate> は TDateTime 形式の日時値です。
  • <AInputIsUTC> は、入力される <ADate> の時刻が UTC タイム ゾーンで指定されているかどうかを示す論理値です。デフォルトは True です。
    • <AInputIsUTC> が True の場合、結果として生成される ISO 8601 形式の文字列には、<ADate> の時刻とまったく同じ時刻が含まれ、さらに、Z(Zulu)接尾辞が付いています。
      たとえば、35065.751996-01-01T18:00:00.000Z に変換されます。
    • <AInputIsUTC> が False の場合、DateToISO8601 では、入力される <ADate> の時刻をローカル時刻として扱います。したがって、変換結果として得られる ISO 8601 形式の時刻には、アプリケーションが動作しているシステムのローカル タイム ゾーン(ロケール)の時間オフセットが含まれています。

次の表では <AInputIsUTC> の使用例を示しています。入力される日時値 <ADate> は 35065.75 で、TDateTime 形式で指定されています。この例では、ローカル タイム ゾーンを (UTC-08:00) 太平洋標準時と想定しています。

<ADate> <AInputIsUTC> ISO 8601 形式の結果
35065.75 True 1996-01-01T18:00:00.000Z
35065.75 False 1996-01-01T18:00:00.000-08:00

ここで、-08:00(UTC-08:00) 太平洋標準時タイム ゾーンの時間オフセットです。

関連項目