System.Classes.TStream

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.TObjectTStream

Object Pascal

TStream = class(TObject)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TStream : public System::TObject

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes


説明

TStream は、ディスク ファイルや動的メモリなどのさまざまな種類の記憶媒体に対して読み書きを行えるストリーム オブジェクトの基底クラス型です。

専用のストリーム オブジェクトを使用すると、特定の媒体に格納されている情報の読み書きやコピーを行えます。TStream の各下位クラスでは、ディスク ファイルや動的メモリなどの特定の記憶媒体との間で情報を転送するためのメソッドを実装します。ストリームとの間でバイト データの読み書きやコピーを行うためのメソッドが用意されているだけでなく、ストリーム オブジェクトを使用すると、アプリケーションでストリーム内の任意の位置をシークすることもできます。TStream のプロパティからは、ストリームのサイズやストリーム内の現在位置など、ストリームに関する情報が得られます。

また、TStream により、シンプルなフォームや継承されたフォーム内のコンポーネントの読み込みと保存を行うためのコンポーネントやファイラと連携して動作するメソッドも導入されます。これらのメソッドは、コンポーネント ストリーミングを開始するグローバル ルーチンにより自動的に呼び出されます。また、これらを直接呼び出して、ストリーミング処理を開始することもできます。ただし、コンポーネント ストリーミングには、さらに次の 2 つのオブジェクトが常に必要になります。

  • ストリームのメソッドにパラメータとして渡されるコンポーネント オブジェクト
  • ストリームにより自動的に作成されストリームに関連付けられるファイラ オブジェクト

コンポーネント ストリーミングに使用されるメモリ ストリームやファイル ストリームなどの下位ストリーム オブジェクトは、グローバル関数 ReadComponentRes および WriteComponentRes により自動的に作成されます。 それ以外の種類の情報をストリーミングする場合は、データやストレージに関する特定の要件に従って下位クラスを選びます。 選択肢には、以下のものがあります。

関連項目

コード例