System.Classes.TFiler

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.TObjectTFiler

Object Pascal

TFiler = class(TObject)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFiler : public System::TObject

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes

説明

TFiler は,コンポーネントとそのプロパティをロードおよび保存するために使用するリーダーオブジェクトとライターオブジェクトの抽象的な基本クラスです。

TFiler は,ストリームおよびコンポーネントオブジェクトを扱います。TFiler は,コンポーネントやそれに関連するデータを読み書きするためのストリームの機構を内部的に処理しています。このストリーム機構を利用して,ディスクに対するコンポーネントの(フォームファイルによる)読み書きと,コンポーネントの一時的なメモリ内イメージの保存と復元を実行します。

TFiler は,TFiler のメソッドを実装する 2 つの下位オブジェクト,TReader および TWriter を持っています。ファイラ型は,読み取りまたは書き込みオブジェクトを要求できる(データをストリームから読み取るか,ストリームに書き込むかによって決まる)コンポーネントメソッドに渡すパラメータとして使用されます。各ファイラは,そのコンストラクタにパラメータとして渡される,ファイラに結び付いたストリームを備えています。ファイラオブジェクトは通常,ファイラに結び付いたストリームオブジェクトによって作成されます。

TFiler のプロパティは,所有するコンポーネントのストリームを管理します。ファイラオブジェクトは,ストリームに対するコンポーネントプロパティの読み書きを実行します。ファイラオブジェクトは,読み取り/書き込みの速度を速めるために,データをバッファリングします。

TFiler は,その派生リーダーオブジェクトやライターオブジェクトによってカスタマイズされる,抽象メソッドを実装します。これらの抽象メソッドには,published プロパティの値のように複雑なデータをコンポーネントで読み取るあるいは保存するための,メソッドを含んでいます。

メモ:  ファイラオブジェクトのプロパティおよびメソッドのほとんどには,のストリーム機構内で便利なように public の可視性があります。これらの大半は,アプリケーションから直接呼び出されることはありません。

関連項目