System.Classes.TComponent._AddRef

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function _AddRef: Integer; stdcall;

C++

int __stdcall _AddRef(void);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function protected
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes TComponent


説明

アプリケーションがコンポーネントのインターフェースを使用するときに呼び出されます。

__AddRef メソッドは,IInterface クラスの _AddRef メソッドの基本実装です。

メモ:  COM オブジェクトをラップしているコンポーネントの場合,__AddRef は,その COM オブジェクトに属する _AddRef メソッドを呼び出します。__AddRef は,ラップしたインターフェースの参照カウントの値を返します。

すべての場合において,__AddRef は -1 を返すだけで,何のアクションも実行しません。これにより,コンポーネントに参照カウントが不要なインターフェースを実装できます。コンポーネントをより高度にするには,__AddRef メソッドをオーバーライドし,参照カウントを実装してください。

関連項目