System.Classes.RegisterComponents

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure RegisterComponents(const Page: string; ComponentClasses: array of TComponentClass);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall RegisterComponents(const System::UnicodeString Page, TComponentClass *ComponentClasses, const int ComponentClasses_High);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes


説明

[ツール パレット]の同じ <Page> ページにすべて表示されるよう、<ComponentClasses> のコンポーネント群を登録します。

RegisterComponents を呼び出すと、IDE にインストールされたパッケージ内で宣言された一連のコンポーネントを登録することができます。コンポーネントを登録すると、そのコンポーネントは[ツール パレット]に表示され、選択してフォームやデータ モジュールに配置することができます。登録されたコンポーネントは[オブジェクト インスペクタ]とやり取りすることができるため、ユーザーはプロパティやイベントを設定したり取得することができます。

Page パラメータには、[ツール パレット]上でコンポーネントを表示するページ(カテゴリ)の名前を指定します。Page の名前のカテゴリが既に存在する場合には、コンポーネントはそのページに追加されます。<Page> カテゴリが存在しない場合は、[ツール パレット]の新しいページがその名前で作成されます。

登録するコンポーネントを ComponentClasses パラメータとして渡します。

メモ: C++ では、ComponentClasses_High パラメータに ComponentClasses 配列の最後のクラスのインデックス(クラス数 - 1)を指定します。

RegisterComponents は、カスタム コンポーネントを定義しているいずれかのユニットの Register 手続きの実装から呼び出します。その後、コンポーネントを定義したユニットをコンパイルしてパッケージを作成し、そのパッケージを IDE にインストールすると、カスタム コンポーネントが[ツール パレット]に表示されます。

ForceDemandLoadState を使用すると、登録済みコンポーネントのスマート読み込みを IDE で行うかどうかを指定することができます。

メモ: 登録した後で、コンポーネントを[ツール パレット]の別のページに移動することができます。移動すると、その後、コンポーネントは常に新しい移動先のページに表示されます。RegisterComponents をもう一度呼び出しても、コンポーネントが表示されるページは変わりません。

関連項目

コード サンプル