System.Classes.EComponentError

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.SysUtils.ExceptionSystem.TObjectEComponentError

Object Pascal

EComponentError = class(Exception);

C++

class PASCALIMPLEMENTATION EComponentError : public System::Sysutils::Exception

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes

説明

EComponentError は,コンポーネントを登録したりコンポーネント名を変更したときに生成される例外クラスです。

EComponentError は,次のような場合に生成されます。

  • コンポーネントを登録する試みが失敗した場合。
  • アプリケーションでコンポーネント名を変更できない場合。
  • (Windows の場合のみ)COM をサポートしていないコンポーネントの COM インターフェースを検出するように要求された場合。

コンポーネントを登録するには,そのコンポーネントのユニットファイルのインターフェース部(Object Pascal)または名前空間(C++)に「Register」という手続きを記述して宣言してください。大部分の手続き名とは異なり,「Register」手続き名は大文字と小文字が区別されます。Register 手続きルーチンでは,登録するコンポーネントごとに RegisterComponents を呼び出さなければなりません。

アプリケーションが実行時にコンポーネント名を変更しようとする場合,また,新規の名前が,同じ Owner を持つほかのコンポーネント名と同じであったり有効な識別子でない場合には,コンポーネント名の変更はできません。

関連項目