表示: Object Pascal C++
表示設定

System.Bluetooth.TBluetoothLEManager.StartDiscovery

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

Object Pascal

function StartDiscovery(Timeout: Cardinal; const AFilterUUIDList: TBluetoothUUIDsList = nil; ForceConnect: Boolean = False): Boolean;

C++

bool __fastcall StartDiscovery(unsigned Timeout, TBluetoothUUIDsList* const AFilterUUIDList = (TBluetoothUUIDsList*)(0x0), bool ForceConnect = false);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Bluetooth.pas
System.Bluetooth.hpp
System.Bluetooth TBluetoothLEManager


説明

Bluetooth LE を使用するリモート デバイスを見つけるための検出操作を開始します。

StartDiscovery は次のパラメータを受け取ります。

  • <Timeout>: Bluetooth LE を使用するリモート デバイスの検出にかける時間を指定します。
  • <AFilterUUIDList>: 1 つ以上の Bluetooth GATT サービス UUID から成るリストです(任意指定)。このリストが指定された場合、マネージャは、指定されたサービスの少なくとも 1 つをアドバタイズしないリモート デバイスを無視します。
  • <ForceConnect> が True で <AFilterUUIDList> の値が指定された場合、マネージャは、検出したすべてのリモート デバイスに接続して、各リモート デバイスから提供されるサービスの完全なリストを取得します。そのため、StartDiscovery では、指定されたサービスのいずれかを提供はするがアドバタイズしないデバイスを無視しません。

検出されたリモート デバイスごとに、OnDiscoverLeDevice イベントが 1 回発生します。検出操作が終了すると、OnDiscoveryEnd イベントが発生します。検出されたリモート デバイスのリストOnDiscoveryEnd から提供されます。

デバイスが指定のサービスのいずれかをアドバタイズまたは提供しないため無視される場合は、

  • そのリモート デバイスについては、OnDiscoverLeDevice イベントが発生しません。
  • そのリモート デバイスは、OnDiscoveryEnd のイベント ハンドラが受け取るリモート デバイス リストに含まれていません。

StartDiscovery は、検出が正常に開始された場合は True を返し、何らかの原因で検出が開始されなかった場合は False を返します。

StartDiscovery から、現在のアダプタStartDiscovery が呼び出されます。

プラットフォーム サポート

プラットフォーム 備考

32 ビット Windows
64 ビット Windows

  • StartDiscovery により OnDiscoveryEnd イベントがすぐにトリガされるため、<Timeout> は無視されます。
  • 常に True を返します。

Mac OS X

  • <Timeout> で指定された時間の経過後しばらくして、OnDiscoveryEnd が常に発生します(それより前には発生しません)。
  • 常に True を返します。

iOS

  • <Timeout> で指定された時間の経過後しばらくして、OnDiscoveryEnd が常に発生します(それより前には発生しません)。
  • 常に True を返します。

Android

  • <Timeout> で指定された時間の経過後、OnDiscoveryEnd が常に発生します(それより前には発生しません)。

関連項目

個人用ツール
他の言語