System.Actions.CreateActionProc

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

CreateActionProc: function(AOwner: TComponent;
ActionClass: TBasicActionClass;
const FrameworkType: string): TBasicAction = nil;

C++

extern DELPHI_PACKAGE System::Classes::TBasicAction* __fastcall (*CreateActionProc)(System::Classes::TComponent* AOwner, System::Classes::TBasicActionClass ActionClass, const System::UnicodeString FrameworkType);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
variable public
System.Actions.pas
System.Actions.hpp
System.Actions System.Actions

説明

アクションを生成する手続きを格納するグローバル手続き変数です。


CreateActionProc 手続き変数は、CreateAction 関数から呼び出されます。

CreateAction は、IDE で設計時に、(アクション リスト エディタで)アクション リストにアクションを追加したり、(VCL の場合はアクション マネージャで)アクション バンドにアクションを追加したときに、自動的に呼び出されます。したがって、IDE では CreateActionProc 変数に適切な手続きを代入しておかなければなりません。

この手続きを呼び出すと、ActionClass.Create(Object Pascal の場合)または指定されたアクション クラス ActionClass のコンストラクタ(C++ の場合)を呼び出したときと同じ処理が行われます。ただし、この手続きは IDE、アクション リスト エディタアクション マネージャのいずれかから呼び出されるため、RegisterActions 手続きの Resource パラメータを使用して、新規アクション オブジェクトの値を初期化できます。

CreateActionProc 手続き変数には以下のパラメータがあります。

パラメータ 説明
ActionClass

作成するアクションの型を指定します。この型は、TBasicActionClass 型に属するアクション クラスです。

CreateAction が IDE のアクション リスト エディタまたはアクション マネージャから呼び出された場合、ActionClass は登録されている標準アクション クラスのいずれかになります。

AOwner

アクションの所有者です。通常は、フォームまたはデータ モジュールです。

FrameworkType

アクションが VCL フレームワーク用に作成されたものか FireMonkey(FMX)フレームワーク用に作成されたものかを定義します。

このパラメータは、VCL アクションが FireMonkey アプリケーションで使われる(またはその逆の)状況を回避するために使われます。そのような状況では、アプリケーションのサイズが著しく増加したり、MacOS で Windows API を呼び出すなどして実行エラーが発生する結果になる可能性があるからです。

デフォルト値は、nil(Object Pascal の場合)または NULL(C++ の場合)です。

関連項目