SysInit

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索


システム初期化ユニットです。たとえば、遅延読み込みメカニズムなどが含まれています。


ルーチン

DliFailureHook2遅延ロード プロシージャの場合に自動的に呼び出されるルーチン。
DliNotifyHook2遅延ロード プロシージャの場合に自動的に呼び出されるルーチン。
LoadAllImportsForDll

遅延読み込み DLL の名前を指定されて、そのライブラリを読み込み、遅延読み込みエントリ ポイントをすべて解決します。

SetDliFailureHook2遅延ロード ヘルパのエラー通知のフック プロシージャを設定します。
SetDliNotifyHook2遅延ロード ヘルパの通知フック プロシージャを設定します。
UnloadDelayLoadedDLL2遅延ロードされたライブラリをアンロードします。
VclExit
VclInit

DelayLoadInfo遅延ロードの情報を保持するレコード。
DelayLoadProc遅延ロードされるプロシージャの情報を保持するレコード。
dliNotification遅延ロード フック プロシージャが呼び出される通知メッセージを列挙したものです。
ImgDelayDescr
PDelayLoadInfoTDelayLoadInfo 型を指すポインタ。
PDelayLoadProcこの型は、TDelayLoadProc 型を指すポインタです。
PImageThunkData
PImgDelayDescr
TDelayLoadInfoDelayLoadInfo 型のエイリアス。
TDelayLoadProc

遅延読み込みされる手続きの情報を保持するレコードです。

TImageThunkData
TImgDelayDescr

変数

__ImageBase
CoverageLibraryName
DataMark
dbkFCallWrapperAddr
DelayLoadHelper
DllProc
DllProcEx
HInstance
HrLoadAllImportsForDll
ImageBase
ModuleIsCpp
ModuleIsLib
ModuleIsPackage
pfnDliFailureHook内部的にのみ使用されます。
pfnDliNotifyHook

遅延読み込み通知フックとエラー フックの設定時に SetDliNotifyHook2 と SetDliFailureHook2 に渡される関数型です。

PtrToNil
TlsIndex
TlsLast
UnloadDelayLoadedDLLPtr

定数

dliNoteStartProcessingdliNoteStartProcessing: dliNotification = dliStartProcessing;