REST.Client.TRESTClient.AutoCreateParams

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property AutoCreateParams: Boolean read FAutoCreateParams write SetAutoCreateParams default 1;

C++

__property AutoCreateParams = {default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
REST.Client.pas
REST.Client.hpp
REST.Client TRESTClient

説明

クライアントでベース URL 内のパラメータを要求に自動的に含めるかどうかを示します。

REST.Client.TRESTClient.AutoCreateParams は REST.Client.TCustomRESTClient.AutoCreateParams を継承しています。以下の内容はすべて REST.Client.TCustomRESTClient.AutoCreateParams を参照しています。

クライアントでベース URL 内のパラメータを要求に自動的に含めるかどうかを示します。

たとえば、ベース URL が "Products/{ProductId}" で AutoCreateParamsTrue の場合、クライアントは、キーが "ProductId" で値のないパラメータをクライアント自身のパラメータ リストに自動的に含めます。

ベース URL から抽出されたパラメータ キーと同じ名前のパラメータが既に存在する場合、ベース URL から得られたパラメータは無視されます。ベース URL から抽出されたパラメータの値で既存のパラメータが上書きされることは決してありません。

関連項目