表示: Object Pascal C++
表示設定

REST.Client.TCustomRESTRequest.AddBody

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

Object Pascal

procedure AddBody(ABodyContent: string; AContentType: TRESTContentType = ctNone); overload;
procedure AddBody<T: class, constructor>(AObject: T); overload;
procedure AddBody(AObject: TJsonObject); overload;
procedure AddBody(ABodyContent: TStream; AContentType: TRESTContentType = ctNone); overload;

C++

void __fastcall AddBody(System::UnicodeString ABodyContent, Rest::Types::TRESTContentType AContentType = (Rest::Types::TRESTContentType)(0x0))/* overload */;
template<typename T> void __fastcall AddBody(T AObject)/* overload */;
void __fastcall AddBody(System::Json::TJSONObject* AObject)/* overload */;
void __fastcall AddBody(System::Classes::TStream* ABodyContent, Rest::Types::TRESTContentType AContentType = (Rest::Types::TRESTContentType)(0x0))/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
REST.Client.pas
REST.Client.hpp
REST.Client TCustomRESTRequest


説明

指定された内容を要求の本体パラメータとして使用します。

要求の本体パラメータに新しい値を指定する方法は 4 とおりあります。

  • <ABodyContent> が文字列またはストリームである場合、AddBody では、指定されたタイプの指定された内容を要求の本体パラメータとして使用します。
  • <AObject> が TJSONObject のインスタンスまたは指定された型のオブジェクトである場合、AddBody では、指定されたオブジェクトを JSON としてシリアル化し、その結果を要求の本体パラメータの値として使用します。

一般に、AddBody を呼び出すと、それまでの本体パラメータの値がすべて置き換えられます。ただし、<ABodyContent> に文字列を渡した場合には、その値が追加され、結果として、要求には複数の本体パラメータが含まれることになります。それぞれの本体パラメータの名前は、"body" の後にランダムな GUID を付け加えたものになります。

関連項目

個人用ツール
他の言語