FireDAC.Stan.Option.TFDFetchOptions.LiveWindowParanoic

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property LiveWindowParanoic: Boolean read GetLiveWindowParanoic  write SetLiveWindowParanoic stored IsLWP default True;

C++

__property bool LiveWindowParanoic = {read=GetLiveWindowParanoic, write=SetLiveWindowParanoic, stored=IsLWP, default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Stan.Option.pas
FireDAC.Stan.Option.hpp
FireDAC.Stan.Option TFDFetchOptions

説明

TFDTable ライブ データ ウィンドウ モードのレコード検索モードを制御します。


LiveWindowParanoic プロパティを使用して、TFDTable ライブ データ ウィンドウ モードのレコード検索モードをセットアップします。

一般に、ライブ データ ウィンドウを維持するために、FireDAC は異なる SQL クエリを実行します。これはアプリケーションのパフォーマンスに影響することがあります。パフォーマンスを向上するために、検索処理で SQL クエリが増えないようにできます。ただし、この場合、結果が正確ではなくなります。LiveWindowParanoic=False(デフォルト値)である場合、TFDTable では、次の処理がなくなります。

  • RecNo プロパティの値を計算する SELECT COUNT(*) SQL クエリ。代わりに、-1 が返ります。
  • ローカル クライアント キャッシュに、位置を決めるレコードが見つかったときに、Locate および Lookup メソッドを実行するための SELECT SQL クエリ。

メモLiveWindowParanoic プロパティが使用されるのは、TFDTable がライブ データ ウィンドウ モードで処理されているときだけです。標準モードでは使用されません。

関連項目