表示: Object Pascal C++
表示設定

FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.TMongoCursor

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.TMongoObjectSystem.TObjectTMongoCursor

Object Pascal

TMongoCursor = class(TMongoObject)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TMongoCursor : public TMongoObject

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.pas
FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.hpp
FireDAC.Phys.MongoDBWrapper FireDAC.Phys.MongoDBWrapper

説明

MongoDB API ラッパー クラスすべての基底クラスです。

FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.TMongoCursor は FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.TMongoObject を継承しています。以下の内容はすべて FireDAC.Phys.MongoDBWrapper.TMongoObject を参照しています。

MongoDB API ラッパー クラスすべての基底クラスです。

TMongoObject は、MongoDB API ハンドルのライフサイクルについて責任を負う抽象クラスです。 このクラスでは、クライアント ライブラリ、環境オブジェクト、およびエラー オブジェクトに対する参照が提供されます。

このオブジェクトへの MongoDB API ハンドルの割り当ては、以下のように行われます。

  • 派生クラスによって。派生クラスでは、private 変数の FHandle にハンドルを直接割り当てます。
  • Create コンストラクタによって。この場合は、このオブジェクトがハンドルの所有者になります。
  • Handle プロパティにハンドルを割り当てることによって。この場合は、呼び出し元がハンドルの所有者になります。

このオブジェクトがハンドルの所有者である場合、MongoDB API ハンドルは以下のタイミングで自動的に破棄されます。

  • オブジェクトのデストラクタが呼び出されたとき。
  • このオブジェクトがハンドルを所有している間に適切な値が Handle プロパティに割り当てられたとき。

そうでなければ、ハンドルを手動で破棄する必要があります。

関連項目

個人用ツール
他の言語