FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.TFDMongoPipeline

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.TFDMongoCustomDataSetFireDAC.Comp.Client.TFDCustomMemTableFireDAC.Comp.Client.TFDAdaptedDataSetFireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSetData.DB.TDataSetSystem.Classes.TComponentTFDMongoPipeline

Object Pascal

TFDMongoPipeline = class (TFDMongoCustomDataSet)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFDMongoPipeline : public TFDMongoCustomDataSet

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.pas
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.hpp
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet FireDAC.Phys.MongoDBDataSet

説明


このクラスは、インメモリ データセットを実装したものです。

FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.TFDMongoPipeline は FireDAC.Comp.Client.TFDCustomMemTable を継承しています。以下の内容はすべて FireDAC.Comp.Client.TFDCustomMemTable を参照しています。


このクラスは、インメモリ データセットを実装したものです。


TFDCustomMemTable を使用すると、クライアント メモリ内のデータを管理でき、オプションで、DBMS とデータを交換することもできます。

一般に、TFDCustomMemTable はインメモリ データセットです。データベースに接続せずに、実行時にプログラム コードでデータを直接入力することができます。

 FDMemTable1.FieldDefs.Add('id', ftInteger);
   FDMemTable1.FieldDefs.Add('name', ftString, 20);
   FDMemTable1.Open;
   FDMemTable1.AppendRecord([1, 'MySQL']);
   FDMemTable1.AppendRecord([2, 'SQLite']);

TFDTableAdapter コンポーネントと TFDCommand コンポーネントを使って、データベースから TFDCustomMemTable にデータを入力することができます。ほとんどの DB データ交換操作には TFDQuery を使用できるので、これは高度な手法と考えられます。

このクラスでは一部のプロパティを隠蔽しており、それらのプロパティの可視性を下位クラスで制御できるようになっています。エンド ユーザーは TFDMemTable を使用してください。

関連項目