表示: Object Pascal C++
表示設定

FireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSet

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

Data.DB.TDataSetSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFDDataSet

Object Pascal

TFDDataSet = class (TDataSet, IFDDataSetReference, IFDStanOptions,
IFDPhysLocalSQLAdapter, IFDDatSTableDataCallback)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFDDataSet : public Data::Db::TDataSet

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Comp.DataSet.pas
FireDAC.Comp.DataSet.hpp
FireDAC.Comp.DataSet FireDAC.Comp.DataSet

説明

TFDDataSetTDataSet の直接の下位クラスで、あらゆる FireDAC データセットに対応する基本機能が導入されています。

TFDDataSetTDataSet の直接の下位クラスで、行(レコード)と列(フィールド)で構成されるテーブルのような内部データ ストレージにメモリ内のデータを保持します。

TFDDatSTable は、レコードのテーブルを表すクラスです。TFDDataSet では、ネストしたデータセット、配列型のフィールド、その他の複雑な型のフィールドがない場合は、すべてのレコードを単一のテーブルに格納します。Table プロパティを使って、テーブルの参照を取得できます。

TFDDatSTable は、データ ビューなどの TFDDatSView オブジェクトをいくつか持つことができます。データ ビューはレコードを格納するものではなく、TFDDatSTable レコードにアクセスできるようにします。ビューごとに、レコード ソート順序、いくつかのレコード フィルタ、いくつかの集計値を定義できます。TFDDataSet では、Indexes、フィルタ、FilterChanges、範囲などのプロパティ値やメソッド呼び出しに基づいて、自動的にデータ ビューを作成します。TFDDataSet.DefaultView プロパティを使って、現在のビューの参照を取得できます。

また、TFDDatSTable には変更ログがあります。そこには、変更されたレコード、削除されたレコード、新規レコードの参照のリストが記載されています。このリストは変更時刻の順に並んでいます。レコードが 2 回以上変更された場合、ログには、最後の変更の情報のみ記載されます。

オプションの説明については、FireDAC.Stan.Option の解説を参照してください。

関連項目

個人用ツール
他の言語